本が友達の大人の読書感想文

自分がこれまで読んで気に入った本。漫画、小説、ビジネス書、ジャンル問わず紹介致します!!

新庄剛志氏の生き方が書かれた「ポジティブシンキング」になれる本

 どうも。takaです。今回の記事では、「わいたこら。 人生をポジティブに生きる僕の方法」について書いていきます。わいたこらは九州弁で「なんじゃこりゃ」という意味です。


わいたこら。 ――人生を超ポジティブに生きる僕の方法

本の内容

 日本では阪神、日本ハムでプレーし、メジャーに渡って活躍した新庄剛志氏が、これまで失敗してきたこと、とても苦しかった経験等を踏まえて、それでもポジティブに考えて生きていく姿が書かれています。

新庄氏は本当は繊細な人

 読んでいくと、辛いことがあって苦しんでいても、誰にも言えない時期があり、周りに気を遣われてますます苦痛になるなど、「宇宙人」、「ポジティブ思考の塊」と呼ばれている人とは感じない程繊細な人間というイメージが出てきます。

 昔阪神に在籍した際も「センスが無いから辞める」と引退宣言したことがありますが、これは奇抜でも何でもなく、メンタル的に苦しい部分があったのだと思います。

大事なのは他人の意見より自分の心構え

 新庄氏は最近になって現役復帰をすると言ってトレーニングをしていますが、周りからは「年齢的に無理」等否定的な意見が多いです。

 他人は自分のやることに対して、自分の倫理観と違うことがあれば批判してきます。その人のことを信用している場合は「言うとおりにしよう」と思って受け入れるかもしれません。しかし、その後後悔する結果になっても、責任は取ってくれません。

 他人事だから外野から気楽にああだこうだ言うことが出来る。誰も最後までいてくれる保証なんてどこにもない。行動する時はそれを頭に入れておくと良いと思います。

楽しんで生きていれば幸運に恵まれる

 言葉には「言霊」というものが存在し、自分の言ったことが本当になると言われています。ネガティブなことばかり考えていると、本当にどんどんストレスが溜まって先のことが真っ暗で何も見えず、悩みが募っていく一方……なんて経験があるのではないでしょうか?

 新庄氏も内心では嫌なことがあっても、楽しんで生きていれば運が来ることを信じてポジティブに生きている。だからこそ強運を持っているのだと思います。

 上手くいかなくても「また次頑張れば良い」「死ぬこと以外カスリ傷だ」と前向きに捉えて頑張っていけば必ずそれが報われる時が来る。なので、思い詰めないで力を抜いてリラックスすることを心掛けるのが将来プラスな結果につながると思います。

 

 

 この本は落ち込んでいる時、迷っている時に読むとポジティブになってお勧めです。


わいたこら。 ――人生を超ポジティブに生きる僕の方法

 

よろしければこちらの記事も↓

 

www.kamikouchi.biz

www.kamikouchi.biz

www.kamikouchi.biz

www.kamikouchi.biz