本が友達の大人の読書感想文

自分がこれまで読んで気に入った本。漫画、小説、ビジネス書、ジャンル問わず紹介致します!!

SMAPは自分を芸能界に憧れを与えてくれた

 こんばんは。takaです。今日は夜走った以外は本を読んでいました。いっぱいあるので休みの間に目を通したいので。明日で終わってしまいますけど、有意義に使いたいです。

 

 今回は、SMAPのことについてです。


SMAPはなぜ解散したのか (SB新書)

 

 この本を本屋で見つけて読んだことで、自分がSMAPに興味を持ち始めた頃がよみがえってきました。

 

すごいスターのオーラ

 興味を持ったきっかけは、中学二年生の頃、いつも年末に放送されるミュージックステーションのスーパーライブです。「Triangle」「BANG!BANG!バカンス」を披露していたのですが、その時にこのグループからはスーパースターの雰囲気が出ていて、虜になったかのように意識し始め、「SMAP×SMAP」を観始めたり、「Triangle」のCDを購入して聴きながら歌って自分もアイドルになった気分に浸ろうとするなど、行動が変わりましたね。そしてついにジャニーズ事務所に履歴書まで送ることもやりました。結果はダメで、周りからは結構嫌なことを言われましたが、今思うと何もしないよりはマシだったと思っています。

 

お笑いグループみたい

 「夢がMORIMORI」に出演して体を張ったコントをやったことで、お笑い要素が追加されました。「SMAP×SMAP」でコントをやるのでそう思ってしまいますね。アイドルがお笑いをやるというのは人気の要素が広まって良いと思います。他のお笑い芸人のネタをパクる「成り上がり芸人ドス恋パイナポー」とキムタク扮する「マジシャンゼロ」が特に面白くかったです。

 

 

キムタクの影響力

 SMAPに興味を持ったことでSMAPのことを調べたのですが、デビュー当時は音楽番組が無くなっていったこと、かつデビューシングルがジャニーズで初めて1位でなかったことで叩かれる等、苦しい状況みたいでした。1位はCHAGE&ASKAの「SAY YES」なのですが、「SAY YES」なら1位が取れなくても仕方が無いということにはならないんですね。そして事務所に呼ばれて「お前らはなぜ売れないんだ」と言われたと中居さんがテレビで言っていました。私はSMAPのデビューした日より約3カ月遅く生まれて、存在を知ったのはすでに国民的アイドルになっていた時だったので全然信じられないですね。

 しかし、1993年の月9で「あすなろ白書」というドラマでキムタクが出演したことでキムタクの人気が上がり、それに伴ってCDも1位を取ることが出来るようになり、売れるようになっていきます。「Hey Hey おおきに毎度あり」で初めて1位を取りましたけど売り上げ枚数は「$10」から跳ね上がっています。

 そして「ロングバケーション」でキムタクの人気は絶大なものになっていきました。私は当時5歳くらいでテレビを観たとしても意味が全然分かっていませんでしたけど。だからSMAPの人気はキムタクの影響力が大きかったのかなあと思います。

他の歌にも興味を持った

 


Smap Vest

  「らいおんハート」からデビュー曲まで収録されているこのアルバムを購入して聴いて、気に入ったものがあったら歌詞を見ないで歌えるようになるまで歌い、それ以降の歌はシングルを購入して聴きました。(「オレンジ」が聴きたかったので「らいおんハート」はシングル購入しましたけど)その中でも特に「世界に一つだけの花」が気に入りました。メロディが美しくて最高ですね。ただ歌うだけでなく、サビを歌う時振り付けをしたり、キムタクのパートをキムタクみたいに伸ばして歌うなんてしています。

 

 今回のお話は以上です。もしよろしければ他の記事もご閲覧お願い致します。

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。