本が友達の大人の読書感想文

自分がこれまで読んで気に入った本。漫画、小説、ビジネス書、ジャンル問わず紹介致します!!

声優を目指している人にお勧めの漫画

 今回はこちらの作品をご紹介致します。今回は「声優なれるかな?」「それが声優!」の2つです。

 


声優お仕事コミックエッセイ 声優なれるかな?

憧れの職種に声優が

 私が小学生、中学生の頃は、俳優になりたいと思っていても、声優になりたいとは思いませんでした。なぜなら声優は架空のキャラクターの声を演じていて自分の顔がテレビに映るわけではないからでした。そして、声優自体、俳優になれなかった人がなるものという見方もありましたので。

 

 しかし、時が経つにつれ、声優業界も色々変化があったように思います。水瀬いのりや小倉唯といった人気のある声優は写真集やCDなどを出したり、ラジオ出演、ダンスをしたり、ライブを行うようになるなど、露出度が増してきました。それに伴ってか、声優になりたいと思う人達も増えてきたと思います。

内容

 この作品は、声優になるにはどのようなプロセスがあるのかを、佃煮のりおさんの作品「ひめゴト」のアニメで有川ひめ役を務めた声優の桑原勇気さんをモデルにして描いています。そして桑原さんが声優になるまでどのような良い経験、キツイ経験をして来たのかが描かれています。

 その中で、声優は専門学校に入学し、発声練習、演技練習、正しい発音や活舌を身に付ける練習、実際にスタジオを使った授業などをこなして必要なスキルを身に付け、卒業後に養成所に入る試験を受けて受かって養成所に入り、1年やって進級試験に受けて合格して2年生に上がり、最後に所属試験を受けて受かるとプロダクションに所属することが出来ます。

 また、養成所のレッスンには「朗読」や紙に書かれた絵を見て想像したことを発表することによって想像力を鍛える「連想ドラマ」といった授業があるみたいです。声優はぱっと見た文章をさっと声に出さなければいけません。しかし、これは以外に出来ず、練習をしないと途中でつかえてしまったりします。そして、想像力も、このシーンでこのキャラクターはどんな心情なのだろうか、それを想像して声を出すことが出来るために必要みたいです。

声優は狭き門

 この試験は狭き門で、その試験に受かって芸能プロダクション所属になってもさらにまた狭き門である作品のオーディションがある。芸能界はテレビに映っていない人の方が多いんですよね。

 この漫画では声優はアニメだけでなく、ゲームの声もやっているのだと知りました。アニメという先入観があって気付かなかったです。K1のCMなどで立木文彦氏の声を聴いているにも関わらず。

声優は風邪を引いてはいけない

 そして、声優は収録の日に休んでしまうと多くの人に迷惑をかけてしまうため、体調管理には細心の注意を払う必要があります。特に喉は声を出すので痛めて声が枯れてしまったら収録出来ません。なので寝る時はマスクを付けたり、のど飴を常に携帯したりして対策をしています。遅刻も絶対ダメです。これは社会人として当然ですけど。

 仕事が来るようになっても絶えず毎日練習を重ねていく。声優もそうなんですね。この作品は全体的に桑原さんが声優になることを目指して懸命に努力している姿が出てくるので、読み切ったら桑原さんのことを応援したくなる気持ちが生まれてきます。

 

 

 


それが声優!(1) (少年サンデーコミックス)

 

内容 

  こちらは、芸能プロダクションに所属している声優のリアルな生活が描かれています。主人公の一ノ瀬双葉は、就職氷河期で就職活動が上手くいかず、それならやりたいことをやろうと上京して声優業界に入っていきました。

 しかし、なかなか仕事のオファーは来ず、生活を支えているのは専らアルバイト。アルバイト先も急に仕事のオファーが来てクビになり、また探して働く。同窓会で帰郷してどんな職業やっているのか聞かれてもアルバイトと答えても沈黙され、声優と答えても代表作を聞かれて答えられない。実家では弟のサラリーマンの苦労話を聞いて罪悪感からか心が痛みます。

事務所のシステム

 こちらの作品も声優に関する情報が書かれていて、こちらはプロダクションに所属した後の様子が主に描かれています。そこから、声優をやっている人達は普段どのような生活をしているのかが分かります。

 いくつかの事務所には査定があって、落ちたら事務所にいられなくなることがあり、その場合は他の事務所に移籍するか、それとも他の生き方を探さなければならないのです。

 そして声優は完全歩合制で、仕事をしてもすぐにお金は入って来ない。ボーナスも夏休みも冬休みも労災も退職金も無いので収入0なんてことも珍しくないです。現実の辛さを感じるので、声優になるのは気が引けるなと思うかもしれませんが、声優だけで生活している人はそういないです。

声優の魅力は自由な生き方が出来る

 そのため、別の仕事をしながら声優をする、なんて人はいっぱいいるみたいです。仕事のオファーが来た日だけ出るという形なので、サラリーマンみたいに週5で働くこともないので自由度は高めな職業です。なので声優を副業として本業をするとか、そんなことも出来てしまうのです。

 

 大変ではあるけど、自由な生き方が出来る。声優はそんな職業です。

 

 どちらも声優を目指したいと思っている人にとって参考になると思うのでお勧めです。


それが声優!(1) (少年サンデーコミックス)

 


声優お仕事コミックエッセイ 声優なれるかな?