本が友達の大人の読書感想文

自分がこれまで読んで気に入った本。漫画、小説、ビジネス書、ジャンル問わず紹介致します!!

麻雀を覚えるために読んだ本

こんばんは。今回は麻雀関連の本についてお話しいたします。

 


新版オールカラー いちばんわかりやすい麻雀入門

 私が麻雀に興味を持ち始めたのは、2年半くらい前でした。きっかけは、自分が尊敬している落合博満さんが麻雀をしていると聞き、その中で落合さんは負けない麻雀をしていたと知り、落合さんがやっているのなら自分もやってみようと思ったことです。

 

 しかし、最初は麻雀のルールも役も何も知らないので、雀荘に行っても打てる訳がなく、門前払いされました。

 

 そこで、麻雀のルールを覚えるために、上記の本を購入して読みました。

  この本には、役も点数計算のやり方も分かりやすく書かれていたので読みやすいと思いました。その結果、覚えていきました。

 この本を読んで、役のページを何度も読み、見ないで役を全部言うことを繰り返し行いました。

 役を覚えた後は、問題でこの形は何と何の複合か?アガリ牌は何か?の問題を解いたり、点数計算の所を読んで、これだったら点数は何点か、空いている時間に計算して出していました。アガリ牌の問題は、メンチンが難しかったです。アガリ牌が複数あったり、アガリ牌によってはチンイツのみだったり、一気通貫や平和なども入っていたりするので気づきにくかったです。点数計算では、実質5ファン以上の場合は点数が決まっているので4ファンまで覚えれば良いのでそこまで時間はかかりませんでした。鳴きを入れているか入れていないか、平和とチートイツの場合は特殊なので別々に覚える必要があったのですが、チートイツは他の役1ファン2ファンごとに2倍になっていく流れだったので分かりやすく、すんなりと覚えることが出来ました。

 その後はアプリを使ってアガったらこの役とこの役が入っていて、リャンメン待ちかカンチャン待ちか?結果画面を出すまでに考えて答えが出たら結果画面を出して合っていたかどうかを確かめる。ということを毎回やっていました。

 その結果、何とか雀荘で打てるようになりました。ただ、アプリと違ってあまり何を切るかに時間を掛けられないのに何を切るか迷ったり、これを狙おうと思ってもなかなか狙えなかったり、思わぬ牌をツモってそれであれこれ悩んだりとまだ弱いので、次は強くなることが目標です。強くなるためにこれからも頑張ります。

 

 今回のお話は以上です。明日も更新致しますのでどうぞご閲覧お願い致します。

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。