本が友達の大人の読書感想文

自分がこれまで読んで気に入った本。漫画、小説、ビジネス書、ジャンル問わず紹介致します!!

ラーメンが食べたくなる本

 こんばんは。takaです。今日は帰ってから本の整理をしています。いっぱい買っているのと、ブックカバーをしているお陰でどこに探している本があるかとかが分からず、参っています。売ることを考えようにも、手放すのが惜しいものばかりで・・。本棚が欲しいなあ・・。

 今回は、こちらの「かいけつゾロリあついぜ!ラーメンたいけつ」についての感想を話していきます。


かいけつゾロリあついぜ! ラーメンたいけつ (30) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)

 

ストーリー

 旅の途中で、ゾロリ達は、全国のラーメンを食べ歩き、紹介した店のラーメンは必ず美味しいと評判の「ラーメン王」が紹介しているラーメンについての記事を読んでいました。

 それを読んで、何が何でもラーメンが食べたくなったゾロリ一行は、向かい合って建っていて、麺はコシのあるちぢれ麵でモチモチして美味しいけど、スープにコクが無いラーメン屋「カメカメ亭」、反対に、スープは美味しいけど、麺がベチョッとしていてふにゃふにゃで美味しくない「つるつる軒」に行きます。この2軒のラーメン屋はお互いの店をライバル視していて、相手の店より繁盛させたいことで必死の様子(そうしないと客が向こうに流れてしまって閉店しなければならない状況に追い込まれるのでまあそうだとは思いますけど)。それを知ったゾロリは、もっと競わせて客の信用を失わせ、2軒のラーメン屋を潰して自分のラーメン屋「ゾロリーラーメン」を建て、チェーン店にして大儲けし、ラーメンゾロリ城を建てようと企てます。ゾロリが悪事を働く回ですね。

 

面白可笑しなラーメンが出てくる

 2軒のラーメン屋は、ゾロリに踊らされ、客の目を引くため、色々なラーメンを作ります。例えば、麺をすするとスープも一緒に口まで運ばれる「ストローラーメン」、他にもチョコレートを麺に練り込んで具にチョコチップやホイップクリームを入れた「チョコレートラーメン」など、斬新なラーメンも出てきます。個人的にはストローラーメンはスープを少しさませばいけるかなと思います。終いにはラーメンをバイキング形式にしたり、回転寿司のラーメン版、回転ラーメンといった店にするなどします。ラーメンにこれは向かないような気がするのですが。

 

読んでいるこちらもラーメンを食べたくなる

 小学4年生の頃に読んだのですが、この本を読んで思ったことは、まさにこの一言に尽きます。最初のページにラーメン王が紹介するラーメンが書いてあるのですが、このボキャブラリーが食欲を注ぎます。

 そんなわけで、一時期インスタントラーメンをよく食べ、外食するとしたら「バーミヤン」に行きたがるようになりました。当時はラーメンが食べられる店はバーミヤンしか思い浮かばなかったので。一回だけ試しにラーメンを作ってみたこともありました。味はかなりイマイチでしたけど。

 

 今回のお話は以上です。もしよろしければ他の記事もご閲覧お願い致します。

 最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。