本が友達の大人の読書感想文

自分がこれまで読んで気に入った本。漫画、小説、ビジネス書、ジャンル問わず紹介致します!!また、観た映画や子供の頃やっていたゲーム等についての感想も書きます。

アイスが食べたくなる漫画

こんばんは。今回はアイスに関する本のお話を致します。

 

作品名は、「お嬢様はアイスがお好き」です!!

 


お嬢様はアイスがお好き。 1 (MFC キューンシリーズ) [ はなこ ]

 

ストーリー

 常に氷の様に冷たい態度をとるためクラスメイトからは孤立されている・・・訳でもなく、それが逆に良くてクラスから面白がられているお嬢様高校生・有栖川氷香が彼女と仲良くなりたいと思っているアイス好きでどんな時でもアイスのことを忘れないクラスメイト・相沢スイとアイスを通じてコミュニケーションを図るアイスコメディ漫画です。

新鮮な感覚でアイスを食べることが出来る

 この作品の魅力は、何と言っても読んでいるととてつもなくアイスが食べたくなってくる所です。

 しかも、ただ食べるだけでなく、アイスをミキサーに入れて飲み物にしたりなど、こんな食べ方もありますよと食べ方についても色々紹介してくれる所と、同じ名前でもラクトアイスなのかそうでないのかでどう違うのか、成分の比較などの説明も書いてあります。これによって食べたことがあるアイスでも工夫次第で食べたことのない新鮮な感じで食べることが出来ます。その点が一番良い所です。話に出てくるアイスの紹介をするシーンの言葉や、登場キャラクターが美味しそうにアイスを食べる姿と食べた時の感想シーンも、食欲をそそるように書いてあるのでまた魅力的です。何かアイスのメルマガ登録をしたような感じです。特に夏に読むとなお良い!!今年はもう終わりましたけど・・。

 ただ、アイスは冬にこたつで食べるのもアリなんですよね。大体こたつで食べる物といったらみかんが定番ですけど、こたつでアイスを食べると下は温かく、上は冷たい。それが何か気持ちよくて良いですね。それに、冬だからといってアイス業者も売るのを諦めるわけでもなく、冬の季節感に合わせた商品も出してくるので売れ行きがすごく下がるわけでもありません。特に冬に食べたいのはCMで雪が降っている光景の中で食べているシーンがあるロッテの雪見だいふくですね。今やアイスは気温が高い低いにもかかわらず、多くの人が好んで食べる物。もはや夏で暑くて仕方が無いから食べる、冬で寒いから食べない。といった食べ物ではありません。

全体的な感想

 この作品を読んでいると、この漫画を描いた人は本当にアイスが好きで、食べ方についても色々試していたりして日々色々研究を重ねているんだろうなという気持ちがひしひしと感じられる良い漫画です。

 アイスが好きな人にはお勧めの一冊です!!書いていると、アイスが食べたくなってきました。

 

今回のお話は以上です。次回も本について書いていきます。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。