本が友達の大人の読書感想文

自分がこれまで読んで気に入った本。漫画、小説、ビジネス書、ジャンル問わず紹介致します!!

「月刊少女野崎くん」から漫画が作られる過程が分かる

 どうも、takaです。今回の記事では、漫画「月刊少女野崎くん」について話していきたいと思います。


月刊少女野崎くん 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスONLINE)

恋愛漫画としても、ギャグ漫画としても読める

 高校二年生の佐倉千代は、同級生の野崎梅太郎のことが好きで、ついに告白します。しかし、なぜかサインをもらい、そして彼の家に招待されます。そこでベタ貼り等の作業をやらされ、そこで、彼が夢野咲子というペンネームで「恋しよっ♡」という少女漫画を描いているということが分かります。

 そこからアシスタントとして彼と絡む日常が始まります。

 ちなみにこの漫画は繊細な心理描写等で人気がある作品のですが、描いている本人はデリカシーが全く無く、女子からカッコよく思われることがあってもすぐに落ち着きます。

 この作品の魅力は、恋愛要素もあるのですが、ギャグ漫画としての側面も強くてハマりやすいという所です。

 この作品は四コマ形式で流れていくのですが、笑える要素が多いです。挙げるとすると、ヒロインが好意を抱いている男性ってモテるイメージがあるけど、モテない所とか、親に自分の作品に対する情熱を見せても「他人の恋応援してる場合じゃないぞ」と言われ、全く締まらない所ですね。

漫画がどのようにして作られているのかが分かる

 この作品で分かることは、漫画は決して一人の力で作られている訳ではないという所です。

 佐倉さんの他にみこりんこと御子柴君、堀先輩、若松君といった漫画のアシスタントをしてくれる人、ダメな所があるとそこを指摘する担当編集の剣さん等の力もあって野崎君の作品は連載されているのです。

 野崎君は背景を描くのが苦手なことから、「こういうのは上手い人に任せよう」と言って背景は堀先輩に任せています。堀先輩からは「おまえはもう少しがんばれよ」とツッコまれるのですが、野崎君は背景のことに関しては、堀先輩のことを全面的に信用しているからこそそう思っているというのが見て取れます。

 完璧な人間なんていない。だからこそ得意な分野を持ち合わせて仕事をこなす。これは現実の社会でも通ずる所があります。

 あと、自分が描きたいと思う所があっても、担当編集によってはそれが出来ないこともある。それを映し出したのが前野さんという編集者。この人は原稿を雑に扱ったり、作品に自分の趣味を入れたりして、もはや能力が高い低いという以前の問題で、担当した作家からは反感を買われています。

 この作品を通じて、漫画業界というものがどういった感じなのか、イメージが付くかなと思います。

 

 今回の記事は以上になります。もしよろしければ他の記事もご閲覧お願い致します。

 最後までご愛読、どうもありがとうございました!!