本が友達の大人の読書感想文

自分がこれまで読んで気に入った本。漫画、小説、ビジネス書、ジャンル問わず紹介致します!!

「人間関係をリセットして自由になる心理学」を読んだ感想

 どうも。takaです。今回の記事では、メンタリストDaiGoさんの著書、「人間関係をリセットして自由になる心理学」について書いていきます。

 


人間関係をリセットして自由になる心理学 (詩想社新書)

 

付き合う人は周りではなく自分が決めること

 はじめに、この本は、職場の人間関係の悩みを解決するという類の本ではなく、人間関係から自由になるための本です。自分が決めた訳ではない人間関係では、周りに振り回されますし、嫌な人間もいます。そういった人達の対処法を調べたとしても、エネルギーを使って、良い気持ちにはなれません。しかし、人間関係が自由になれば、そういった生活が改善されます。そうなるためには周りが決めた人間と関わるのではなく、自分が「仲良くなりたい」と思った人間と関わることが必要になります。

友達は「量」より「質」

 ただし、友達を選ぶにしても、自分が付き合いたい人と全て付き合えるわけではありません。付き合える人数には上限があります。キャパオーバーしてしまうと処理が追い付かなくなって混乱してしまいます。

 なので、むやみやたらにネット越しで多くの人と付き合おうと行動するよりも、関係を深めるために直接会って話す間柄を作った方が良いのです。

 良い人間関係を作ることが出来れば、長生き出来る確率が上がったり、歳を取って認知症になるリスクも低くなる等、健康にも良い影響をもたらします。

1人の時間が多くてもコミュニケーション能力は鍛えられる

 人間関係を良くするには他人の気持ちに共感するといったことが必要になりますが、1人でいる時間が多いと会話する機会も少ないです。

 しかし、1人でもコミュニケーション能力を上げる方法があります。その方法とは、本を読むことです。例えば小説では、登場人物の心理が書かれているので、他人に共感できる機会があるのです。実は読書好きな人、作家の名前を多く知っている人は共感能力が高く、苦手だと思っていても発揮できていないだけなのです。能力を高めたいからとその手のセミナーに行くといった真面目なことは別にする必要が無いのです。

相手の気持ちは自分にとって問題ではない

 人間関係を自分で選ぶ場合だと特にですが、嫌な人と関わるのを避けたいですね。そういう時は合わせないようにすれば良いのです。「相手の気持ちなんて知ったことではない」と思えば良いのです。相手の気持ちは尊重するものだと思っても、それを自分の問題だと思ってはダメです。関わりたくないという行動を取れば勝手に疎遠になっていくし、無くなったら新しい人間関係を作れば良い。代わりはいくらでもいる。なので嫌われることは恐れず行動することが大事なのです。

 

 この本は、自分で理想の人間関係を築きたい、特に、内向的な人が良い人間関係を作るのにもお勧めです。


人間関係をリセットして自由になる心理学 (詩想社新書)

 

よろしければこちらの記事もどうぞ↓

 

www.kamikouchi.biz

 

 

www.kamikouchi.biz