本が友達の大人の読書感想文

自分がこれまで読んで気に入った本。漫画、小説、ビジネス書、ジャンル問わず紹介致します!!また、観た映画や子供の頃やっていたゲーム等についての感想も書きます。

ノムさんが選ぶ名投手、強打者

 こんばんは。今日も昨日に引き続いて冷え込みましたね。今日はさすがにコートを着ないと寒くてダメでした。明日も引き続き冷え込むみたいですね。風邪を引かないように手洗い、うがいを徹底的にしないといけないですね。

 

 それでは、本題に入って本の紹介をしていきたいと思います。本日は、こちらになります。今回は二本立てです。


強打者列伝 (oneテーマ21)

 

 

「強打者列伝」の内容

  こちらでは、現在プロ野球評論家を務めている野村克也さんが自分がプロ野球に入る前や下積み時代に憧れて自分の中に取り入れようと打ち方を真似していたバッター、一軍の選手として出場するようになり、タイトルをめぐって毎シーズン競い合った同リーグのバッター。リーグは違えど常に意識していたONこと王貞治さん、長嶋茂雄さん。そしてその他のセ・リーグの強打者。現役を引退し、評論家としてネット裏から見たバッター。ヤクルト、阪神、楽天の監督を務めた時代、監督として対戦したバッター、自分の率いたチームの中心バッターについて、かつて実際話した時のエピソード等を交えながら語っています。

 


プロ野球 最強のエースは誰か?

「最強のエースは誰か?の内容」

 こちらの本では、上記の「強打者列伝」と同じように現役時代、野村さんが何度も対戦してきた投手。同じチームで、捕手として球を受けてきた投手。監督時代に魅力的で獲った投手。選手達が打ち崩すことが出来るように対策を考え、選手たちに指示していた相手チームのエース投手などを語ります。

 

 この2つの本では、昭和の名投手、強打者。平成の名投手、強打者のことを知ることが出来ます。平成生まれの人であれば、昭和のスター選手は評論家として、監督としての姿しか知らないと思います。なのでその人達の選手時代のことを知るには良い本であると思います。

アスリートの実態が垣間見える

 そして、この本を読んで思ったことは、テレビ等では豪放磊落な振る舞いをしている人でも、野球のプレーに関しては非常にきめ細かくて繊細です。徹底した体調管理、豊富な練習量、変化を恐れない姿勢、自分の首を絞めるだけだから自分の情報を決して漏らさない口の堅さ、相手のことを徹底的に調べる研究熱心な所など、毎年クビになる人が多く出ている厳しい世界であるプロ野球界はここまでしなければ生き残れない。そう思うとすごい人達だと憧れを抱きます。

 この妥協の無い姿勢は、一般社会でも見本になると思いました。

 

 今回のお話は以上です。明日も更新致しますのでどうぞご閲覧お願い致します。

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。