本が友達の大人の読書感想文

自分がこれまで読んで気に入った本。漫画、小説、ビジネス書、ジャンル問わず紹介致します!!また、観た映画や子供の頃やっていたゲーム等についての感想も書きます。

あったかい子育てアニメ

 こんばんは。takaです。今日は何か日中から体がキツく、まだ水木金と続くからこの調子ではマズイと帰りの電車の中で少しでも疲れを取るべく目を瞑っていました。20代でも体のケアはしないといけないですね。もうすぐ30になるから若い若い言っていられないのですけど。


ママはぽよぽよザウルスがお好き DVD-BOX1

ストーリー

 保与田家の母、未来、父の源大、長男のヒョウガ、長女のジュラ、そして猫のジャックという4人+1匹の家族を中心とした子育ての日常を描くアニメです。最初の方は青沼貴子氏の原作の話に沿っている感じなのですが、後半からはアニメオリジナルの話が中心になっています。当時は多少見ていたのですが、4年くらい前に急に観たくなってアニメのDVDを購入して、観終わったらまた再生して観る・・の繰り返しをしていました。未来の声はサトシの声を担当している松本梨香氏で、源大の声は銀ノ介じいちゃんの声だったから興奮しました。

子供の行動にどう対応するのか、そして子供を育てるのは体力がいると思った

 このアニメは、基本的に子供がとる行動に対して、親がどのように対処していくのかが話のメインですね。日常系もありますけど。

 例えば、子供が「なぜ人は眠るのか?」等の疑問を持ち、親に質問した際、親はそれをどう反応し、どんな言葉を投げかけるのか。あと、日常的にヒョウガとジュラのワガママでパワフルな行動に振り回される未来と源大を見て、子供を育てるのは大変なんだなと思いました。

 私は現在独身なので子供が居らず、子育ての経験は全然無いのですが、自分が子供の頃、5・6歳の頃から先の記憶は残っています。子供の頃は親の言うことも全然理解出来なかったり、理解してもしなかったり、教師に反抗したり、周りに合わせて行動しなくて学校から親に苦情が来たり、とにかくやりたくないことは頑なとしてやりたがらず、自分がやりたいことしかやらなかったですね。小学4年生の頃は学校がつまらないと感じて学校に行きたくなくて親を困らせたり。しかもそのことに何の罪悪感も持たなかったです。おそらく、いや、確実だと思いますが、親は自分を育てるのはかなりストレスが溜まっていたかなと今になって思います。

野原一家みたいな家族

 子育て中心の話なのですが、観ていると話が面白かったり、暖かかったりと、家族絡みの楽しそうな良い話が多くて良いアニメだと思いました。野原一家と似た雰囲気ですね。家族構成も似ていますし。自分の親は仲が別に良いという感じではなかったので、家族団らんとは無縁でした。だからこういう雰囲気の家族アニメは憧れるし、好きですね。仲良し家族系の話を自分でも作ってみたいとも思いました。

 

 

 今回のお話は以上です。もしよろしければ他の記事もご閲覧お願い致します。

 最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました!!