本が友達の大人の読書感想文

自分がこれまで読んで気に入った本。漫画、小説、ビジネス書、ジャンル問わず紹介致します!!また、観た映画や子供の頃やっていたゲーム等についての感想も書きます。

0からのスタート

こんばんは。今回も本の紹介をしていきます。

 

今回紹介する本は、こちらです!!

 


きみがいれば、空はただ青く (スターツ出版文庫)

 

 

見どころ

 主人公のあおは、手術の後遺症でそれまでの記憶を無くし、以前の自分は母や親友とどのように接していたのかが思い出せず、以前の自分でないことが二人を苦しめているのではないかと思い、そのことで罪悪感を抱き、無くした記憶を取り戻そうと色々試してみたりします。

 そんな状況が続いたある日、謎の少年・颯と出会い、話しているうちに気持ちが楽になり、彼に自分の現状を話します。そして彼からアドバイスをもらい、あおは自分の現状を受け入れ、心のわだかまりを無くし、次第に過去の自分を取り戻そうとするのではなく、新しい自分としてこれから先の人生を生きるべく行動していきます。

 記憶を無くした人視点で読めるのが新鮮です。自分がこれまで触れた記憶喪失ものの話だと、頭に何かぶつけるなど、ふとしたことで最終的に記憶が戻るという展開なのですが、この作品にはそれがありません。それもまた新鮮でした。

 この作品の主なテーマは、困っている時に背中を押してくれる存在なのだと思います。

 何か思い悩むことがあって一人で何か抱えていても、ただ辛くなるだけで何も変わらずただただ時間が過ぎていく。しかし、自分の背中を押してくれる人がいれば、心が楽になって今の状況を受け入れ、前を向いて生きていく気力が湧いてくる。それに伴って生きているという充実感が増してくる。この本はそのことを教えてくれます。

 あおも颯が背中を押してくれて心が楽になったから自分の心と向き合う勇気が生まれ、母と親友に自分の本音を話そうとする気持ちになりました。

 母も親友もあおに過去の話はしますが、記憶を取り戻して欲しいと迫って来ない所が「これまでのあなたが戻って来なくてもいいよ」という感じがしてまた前向き感が出しています。

 

 自分が引きこもっていた頃思っていたことと同じような状況が書かれている所があったりで小学生の頃を思い出し、懐かしさも感じました。

 

 本当に読んで感動した本です。真っ暗で目の前が何も見えなくて寂しかったり、悲しかったりした時に読んでみると特に泣けると思います。

 

 

今回のお話は以上です。明日も引き続きお勧めの本を紹介致します。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 
きみがいれば、空はただ青く (スターツ出版文庫)