本が友達の大人の読書感想文

自分がこれまで読んで気に入った本。漫画、小説、ビジネス書、ジャンル問わず紹介致します!!

起業をしたい。けれどもリスクが怖くて行動に移せない時に役に立つ本

 どうも。takaです。今回の記事では、株式会社日本創成投資代表取締役の三戸政和氏の「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門」について書いていきます。


サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門 (講談社+α新書)

本の内容

 これから人生100年時代を迎えると言われている世の中、仮に60歳で退職したとしても、あと40年生きる計算……。そしてそのためには当然お金が必要です。

 この本では、そんな人生において、中小企業を買うことで資産を作る方法について書いてあります。

起業のリスク

 「自分のやりたいことをやりたいのであれば起業」というのは、知っていると思います。しかし、起業は、会社を作るのではなく事業を始めることです。

 会社を作ること自体は難しくないのですが、作ると人件費やら交通費やらでお金はあっという間に出てしまい、売り上げをすぐに上げて収入を得ることが出来なければダメ。しかもそれを続けていかなければいけない。

 成功するためには十分な戦略を持って取り組む必要があるので、ノリでやっては痛い目を見ます。起業しろという言葉は、本当に人生賭けてやりたいと思っている時だけ耳を傾けるべきです。

会社を買収するメリット

 サラリーマンでは、自分の思ったことをなかなか実行に移せません。だからといって起業もリスクが高いですし、社長になっても株主の意向に背くことは出来ないので好きに動けません。そんな中で自由に行動でき、資本家になるには、「会社を買う」という選択肢があります。

 会社を買ってオーナーになれば、自分がやりたいビジネスに結びつけることが出来るようになります。

 また、サラリーマンとして得られる収入と資本家になって得られる収入はかなり大きいです。しかも、会社を持っていることから税金対策も可能になるなど、様々な優遇措置があるので資金繰りが良くなります。

老人になって苦しくならないために

 老人になると、若いころに比べて体力も気力も衰えてしまい、日常生活でも苦労する場面が増えていきますので、身の回りの利便性は若い時と比べて高くしないと生活がしんどいです。そんな中で持っているお金が少ないとそれが出来ないので生きることが苦痛になると思います。

 そうならないためにも、老人になっても定期的に収入を得られる仕組みを作って年金にプラスアルファしていくこと。これが重要になっていきます。

 

 この本は、定年が近い人だけでなく、新しいキャリアを作りたいと思っている人にもお勧めです。


サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門 (講談社+α新書)

よろしければこちらの記事も↓

 

www.kamikouchi.biz

www.kamikouchi.biz

www.kamikouchi.biz

www.kamikouchi.biz