本が友達の大人の読書感想文

自分がこれまで読んで気に入った本。漫画、小説、ビジネス書、ジャンル問わず紹介致します!!

ヤングジャンプを読むようになったきっかけとなった漫画

いこんばんは。今回はヤングジャンプの連載作品で、毎週立ち読みするようになったきっかけとなった作品についてお話致します。

 

その作品は、こちらです!!

 


かぐや様は告らせたい 1 ~天才たちの恋愛頭脳戦~ (ヤングジャンプコミックス)

 

 

内容

 大抵のカップルは告白してそれを受け、付き合う関係に至る。しかし、恋人同士においても力関係が存在する。そして結婚したらずっと尻に敷かれてしまうことにもなり兼ねない。

 全国の天才達が集う秀知院学園の生徒会長・白銀御行と副会長・四宮かぐやは相思相愛の関係なのですが、お互いプライドが高い故になかなか告白できず、時間だけが過ぎていくうちに、「向こうから告白させてやる!!」という考えに変わっていきます。

 この作品は、お互いが自分の事が好きであることを証明させるために色々仕掛け、その上で自分が相手のことが好きだと悟られてはいけない。そんなお話です。

 キャラクターの名前は「竹取物語」から取っていて、かぐやさんがかぐや姫、白銀君が求婚者の一人である大伴御行です。

 かぐや姫は付き合う条件として難題を出し、それをクリアした人と結婚するという話だったので、この作品に置き換えるとかぐやさんは白銀君に付き合う条件として「告白しろ」で、プライドが高い彼にとってこれは難題なのでしょうかね。

 

天才だけど・・・完璧ではない

 白銀君は、学校の試験では常に1位をキープしていて、全国模試でも2位というすごい成績を残しているのですが、なぞなぞが解けない、泳げない、歌が下手(ジャイアンと言われた)、運動音痴など、弱点が多いです。

 ただ、弱点がバレたらこんなこと言われると思い、それが嫌なので必死で努力してその結果、なぞなぞが解けるようになり、何とか回避しています。実際弱点がバレた時のかぐやさんの反応、見てみたいです。本当に「お可愛いこと・・」なんて言うのかな?

 

 かぐやさんもお嬢様育ちであるためか文化に疎かったり、風邪を拗らせると甘えん坊になったり、下ネタでキャラを崩すほど笑うなど、結構抜けて可愛らしい所があります。

 

友達だけど・・冷たい感じ

  生徒会には二人の他に書記の藤原千花さんがいて、かぐやさんとは中学時代からの友人なのですが、彼女においしい所を持っていかれると、地球の癌だとか、寄生虫だとか思いっきりディスります。ただ、この後、藤原さんがかぐやさんにシェアしてくれるので手のひらを返して褒めるのですが。

他にも、メールをスルーしたり、本当に友達なのか?って思う所もあります。

 

まとめ

 恋愛ラブコメですが、上に書いた部分や、ナレーション、学校生活あるあるなネタなど、笑いの要素もたっぷりあって好きになりました。

 特にナレーションの内容には「へえ~そうだったんだ~初めて知った」と感じるような豆知識もあるので注目しています。

 また、受動的行動やプライドは何かを成し遂げるためには邪魔でしかないから何かを得たいならプライドなんて捨てて自分から動きなさいと読者に言っているようにも感じます。

 総じてこの作品は「さすがよく売れているだけのことはある!!」と感じる内容でビッシリです。この漫画に出会った偶然に感謝です。

 

今回のお話は以上です。次回もまたよろしくお願い致します!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!