本が友達の大人の読書感想文

自分がこれまで読んで気に入った本。漫画、小説、ビジネス書、ジャンル問わず紹介致します!!また、観た映画や子供の頃やっていたゲーム等についての感想も書きます。

松岡圭祐氏の「イリュージョン」を読んでの感想

イリュージョン 最終版 マジシャン (角川文庫)

 

現状を変えるにはやはり行動力だと思った

 この作品では、「マジシャン」に引き続き、桝城刑事とマジシャンの里見沙希が出てきますが、もう一人の主人公として、椎橋彬という人物が登場します。そして、この作品の大半は彼を中心とした話です。

 彼は、紙芝居を作るのが仕事だと言って全くお金を稼げていないロクでない父親と働いてはいるけど、盗みを働いていたり、借金を抱えていた母親がいます。学校ではクラスで権力を持っている生徒の機嫌を取ろうと出まかせを言っていたり、マジックを披露したりと、周りから見て良い環境とは到底思えませんね。

 15歳の頃、彼はこれまで養ってかかったお金を返すようせがんでくる母を見て、こんなひどい言葉を言う親とはもう一緒に暮らせないと、家を飛び出します。そして、ラーメン屋のテレビを観た時に万引き犯を取り締まる万引きGメンという職業に目を付け、身分、年齢を偽って警備会社でアルバイトとして働き始めます。その後、マジックで培ったことを活かして現場に赴いて万引き犯を捕らえたことで、クライアントから信用を勝ち取ります。次第に名前が広がっていき、万引きGメンとして、指名で駆り出されるようになっていきます。しかし、万引き犯を取り締まると同時に、彼自身も店の商品を万引きし、それを売っての繰り返しでどんどんお金を稼いでいき、生活基盤が安定していきます。そして、彼をすっかり信用してしまったクライアントは実は彼がいない時の方が被害が少ないということに気付いていません。まさにイリュージョンですね。会社内でも出世し、講演依頼もバンバンくるようになり、万引きをしなくても大きいお金が手に入っていきます。

 その結果、彼は最初は住む所も食べる物もままならない状況であったにもかかわらず、当分の暮らしには困らないほどのお金が手に入ります。どん底から這い上がる。まさにパワプロのサクセスのようですね。

 やっていることはどうであれ、家を飛び出した結果こんなすごいことになるのを見て、やっぱり人生を良い方向に変えたいのであればリスク覚悟で行動あるのみだと思い知りました。

非難する気が起きない

 この話はそんな彼をまだ未成年の状態で更生させるために桝城刑事が捕まえるべく動きます。この作品を読んでいて思うのが、彼のやっていることは犯罪ではあるのですが、非難する気が起きないことです。むしろ賞賛したくなります。何か犯人がもう分かっている刑事小説で、彼がその犯人、という感じだからですね。彼はこの後どんなすごいことをやるんだろうとワクワクしながら読み進めていました。他にも生い立ちや家を出たきっかけがそういう気分にさせるのかと思いました。

 

 

 今回のお話は以上です。もしよろしければ他の記事もご閲覧お願い致します。

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

「マジシャン」もありますのでよろしければどうぞ。

 

www.kamikouchi.biz