本が友達の大人の読書感想文

自分がこれまで読んで気に入った本。漫画、小説、ビジネス書、ジャンル問わず紹介致します!!

「破獄」は吉村昭氏が書いた刑務所、刑務官の勤務を描いた犯罪小説


破獄 (新潮文庫)

ストーリー

 とても頭がキレる無期刑囚の佐久間清太郎が、刑務官が常に見張っている厳重な状況下でも脱走をすることが出来、作中で一回だけでなく何回も脱走しました。刑務所の管理状況、刑務官の処遇など、刑務所に関することが書かれており、この作品はそんな刑務所で働く人達などの話も入った物語です

刑務所のルールを見て

 刑務所は、ご存知の通り法を犯した者に罪を償わせるための施設です。刑務官が常に監視しており、規則はとても厳しくて自由が利かず、逆らったりすれば罰を受けることになります。

 この作品では、刑務所のシステムや刑務所で勤務している刑務官について書かれています。

 東北や北海道の冬はとてつもなく寒いですが、脱走しようとする者がいた場合、すぐにとらえることが出来るように服装を軽くしています。そのため、刑務官にとって冬はすごくキツイです。

 この作品を読んで思ったことは、誰にでも平等に接するいうのはこの世界ではなかなか通じないということです。

 佐久間清太郎は、作中で囚人は平等に接しなければならないと思っている刑務官に対し、「あんたらがいちいちうるさいから脱走したくなるんだよ」というような言葉を言っています。

 学校でも一部の生徒だけ例外を出してしまうと、他の生徒から不満の声が出てきます。「なぜあいつは許されて俺は許されないんだ」とか。刑務所でも厳しくしないと国民等から「甘い」等の不満の声が出てくると思います。

受刑者にも人格がある

 しかし、厳しくし過ぎて囚人から反感を買われると、脱走される危険性があります。もし脱走された場合、最近でも脱走のニュースがありましたが、国民は自分の身近にいたら危険な目に遭うのではないかと不安な気持ちになるし、警察等が総動員を掛けて探し出すという状況にもなります。作中でも清太郎の脱走を許した罰として看守長等は懲戒、減給などのペナルティを受けました。こういうことを考えると、脱走しないように接する方が良いのではないかと思います。自業自得という声が出ようが、囚人は人間で自我を持っています。刑務所に入れられるのも自分の意志ではなく国が出した命令です。なので素直に従うなんていう方が不思議ではないでしょうか?

 脱走される方がはるかにマイナスな結果になると思うのでいくら囚人とはいえ接し方を考えた方が良いと思います。人は愛情の無い厳しさには聞く耳を持たず、抵抗するだけで、じっくり話を聞いた方が心を開くので。

 今回のお話は以上です。明日も更新致しますのでどうぞご閲覧お願い致します。

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。