本が友達の大人の読書感想文

自分がこれまで読んで気に入った本。漫画、小説、ビジネス書、ジャンル問わず紹介致します!!

藤井聡太氏の生い立ち

藤井聡太 天才はいかに生まれたか (NHK出版新書 532)

 

 将棋で29連勝を成し遂げた藤井聡太さんの生い立ちが書かれている本です。

 藤井さんは非常に負けず嫌いの性格をしていて、負けると勝つまで辞めなかったり、将棋で負けると泣いたりしていたみたいです。

 藤井さんは好きな教科として数学を挙げています。数学は論理力が試されるので、数学によって培われた論理力が将棋に活かされたのかなと思います。

 あと、短距離も速かったそうです。数学が出来る、短距離が速い。この二つは学生時代自分が最も欲しがっていた能力だったから羨ましいと思いました。私は今頃になって中学数学の「図形の証明」が分かってきて、短距離も中学時代は8秒台で7秒台に届かず、体育祭で全員リレーといった競技を出した人間を恨みたい気持ちでいっぱいでした。

 ただ、藤井さんも最初の方は強くなく、勝ちも多いけど負けも少なくありません。天才なのかそうでないのかは始めてからどれくらい伸びるのかが分け目でしょうか?何年もやって大成するパターンもありますけど。少なくとも天才というのは最初から出来る人ではないのだと思いました。

 他の将棋のプロの話も出てきて、振り飛車、居飛車とはどんな戦法か?など、将棋の戦略についてのことも書いてあって将棋の参考にもなりました。

 目標を見て、一番上の段位をなるではなく超えると書いてあり、イチローさんと似ているようなことを言っていると思いました。イチローさんも小6の文集でプロ野球選手になりたいではなくなれると思うと書いていました。二人共自信に満ち溢れていて、先を見ています。それだけ物事に没頭していたのだと思います。イチローさんも「365日中360日練習している」と言っていたので。

 読んだ本には百田尚樹の「海賊と呼ばれた男」とか読んでいたみたいです。これもすごいと思いました。自分は小説読んだの成人になる前後だったので。ちなみに昨年この映画を観て小説も読みました。人情味溢れる物語でした。こういったすごい成果を出す人は大概読書家なのだと思います。逆に本を読まない人ですごい成果を出すというのは耳にしませんね。

 私も将棋が好きなので実際対局してその強さを肌で感じたいです。

 

 今回のお話は以上です。次回もまたよろしくお願い致します。

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。