本が友達の大人の読書感想文

自分がこれまで読んで気に入った本。漫画、小説、ビジネス書、ジャンル問わず紹介致します!!

速読の正体

 どうも。takaです。今回の記事では速読や熟読といった本の読み方について話していきます。


読書の技法

本の内容

 月平均300冊以上読む程の読書家である元外交官の佐藤優氏が語る本の読み方について書かれています。佐藤氏がどのようにして本を読んでいるのかが書かれているので、スッと入って来やすいです。書斎も描かれているのですが、複数ある上に量も本当に多いです。

速読のやり方

 この本には、速読について語られる部分があります。本を多く読みたいけど時間にあまり余裕のないサラリーマンにとっては、速読出来るようになりたいという思いが強いと思います。

 しかし、この本で語られる速読というのは、基礎知識が備わっているから読まなくても分かる部分が出てくるといったもので、一目でページ全体を見つめるという方法ではありません。

 目でサッと見てページをめくる読み方では、読み終わるスピードは速くても頭に入って来ません。これでは時間を掛けてゆっくり読む熟読と大して大きな差は無く、結局また読むことになるので、身に付けても仕方がありません。

学ぶことは時間がかかるもの

 ホリエモンは自分の著書で、本を読むことは時間がかかるしコストパフォーマンスも良くないと本を読むことに関してマイナスな意見を述べている時がありますが、ホリエモン等は基礎知識を持っているから本を読むことに時間をかける必要が無いのであって、基礎知識が無い人が真似をしてはいけません。ネットで学ぶという考えも、ネットには嘘の情報も入っているので取捨選択は難しいです。

 その点本は編集、校閲等の過程で作られているので信頼度は高いです。短時間で学習出来るなんていう話は無いと諦め、何かを学ぶというのは時間がかかるものだと割り切り、多少大変であっても知識を身に付けたいのであれば熟読し、時間を掛けて学ぼうという意欲を持つことをお勧めします。

 そして、基礎知識が身に付いて省略できる部分が増えたとしても、決して速読が熟読を上回ることはありません。

 なので速読は喉から手が出る程欲しがるものではありません。なので速読への執着は捨てる。時間が無いのであれば通勤時間等の隙間時間を使ってじっくり読んで下さい。この本は、読めば速読しようという思いを綺麗サッパリ捨てることが出来ます。

 

 今回のお話は以上です。もしよろしければ他の記事もご閲覧お願い致します。

 最後までご愛読、どうもありがとうございました。