本が友達の大人の読書感想文

自分がこれまで読んで気に入った本。漫画、小説、ビジネス書、ジャンル問わず紹介致します!!

ドラえもんの漫画でわかる「嫌な人間はいなくならない」

 どうも。takaです。今回は、「ドラえもん」について話していきたいと思います。 


ドラえもん (15) (てんとう虫コミックス)

 

スイッチ一つで人が消える

 野球の試合で惨敗し、ジャイアンはご立腹。負けた原因はのび太にある。とジャイアンは腹を立て、のび太の頭をバットで殴りつけます。家に帰った後、ドラえもんに「ジャイアンなんていなくなればいい」と言います。そして、ドラえもんは「そんなこと考えるの……」と、「どくさいスイッチ」という道具を出します。

 この道具は、スイッチを押しただけで人が消えてしまうという道具です。

 独裁者はこの道具を使って逆らう人を消してきたとドラえもんは言います。のび太はこの道具を持って外に出て、いくらジャイアンと言えども、消すのはさすがに気の毒だと考えている所にジャイアンに会い、さっきの殴り残しとしてバットで殴りかかって来ます。そして、のび太は「ジャイアンなんて消えてしまえ!!」とスイッチを押してしまいます。すると、ジャイアンは本当に消えてしまったのです。

しかし、いざ使ってみると・・・

 ジャイアンなんて消えてしまえと思っていたにも関わらず、本当にジャイアンを消してしまった後、「恐ろしいことをやってしまった……」と恐怖に駆られ、のび太の気持ちは晴れませんでした。その後、落ち込んでいる所をしずかちゃんに声を掛けられ、ジャイアンを消してしまったことを話しました。しかし、しずかちゃんは、「ジャイアン?それ誰のこと?」と、ジャイアンのことを覚えていませんでした。暴れん坊のガキ大将だと言っても通じず、慌てたのび太はジャイアンの親の所に行きました。しかし、「ウチにはそんな子いない」と言われる始末。どうやらこのスイッチで消したら、消した人間は初めからこの世にいなくなったことになるみたいだとのび太は分かりました。突然スネ夫がのび太をバットで殴りつけ、「今日のゲームはオメエのせいで負けたんだ」と言ってきました。まるでジャイアンになったかのように。

 どうやら、人を消した場合、他の誰かが消えた人間の性質を引き継ぐみたいです。スネ夫に追いかけ回されたのび太は、勢いの余り、スネ夫も消してしまいます。すると、次々に他のキャラクターがのび太を責め立て、のび太はそれに耐えきれず、「もう誰もかれも消えてしまえ!!」と、うっかりスイッチを押してしまい、世界中の人間を消してしまいます。

人は孤独には勝てない

 世界中の人間を消して「えらいことをやってしまった」と思ったのび太ですが、「もううるさいことを言ってくる親も教師もいないんだ」と開き直って自分は独裁者だと一人だけの世界で生きていくことを決めます。

 欲しいものも食べたいものも何でもタダで手に入る。幸せだと思っても、次第に寂しさがこみあげてきて「ジャイアンでも良いから出て来てほしい」と言います。すると、「気に入らないからと言って人を消してもキリがないことになるんだ」と、ドラえもんが出て来てのび太に言います。そして、「これは独裁者を懲らしめるための道具なんだ。もとに戻そう」と、消えた人間も元通りになります。

 そして、ジャイアンやスネ夫に野次を飛ばされながら野球の練習をするのび太のシーンでこの話は終わります。

人の好き嫌いで選択するのは良くない

 この話で思ったことは、嫌いな人がいるからといってその人をいたぶろうとしたり、仲間外れにしたり、逃げようとしても仕方が無いということです。

 その人が自分の周りからいなくなってもまた新しく嫌いな人が生まれ、それが繰り返される。

 「こち亀」の話でも両津が他の場所で勤務するようになった際、大原部長はこれで楽になると思いきや、いつも雷を落としている両津がいなくなったことで逆に怒りが増し、その矛先が中川や麗子に向くようになりました。

 だからみんな仲良しなんていう話には全然共感が持てないし、現実感が無いと思っています。世の中みんなまとまらないように出来ている。仲が良かった人とも「また今度一緒に遊ぼう」「俺達の友情は永遠に不滅だ!!」と言っても今度というのは二度と無く、実際離れてしまえば自然と疎遠になります。だから他人のことで自分の人生を選択するという行動は期待出来ないのです。

 今回のお話は以上です。もしよろしければ他の記事もご閲覧お願い致します。

 最後までご愛読、どうもありがとうございました。