本が友達の大人の読書感想文

自分がこれまで読んで気に入った本。漫画、小説、ビジネス書、ジャンル問わず紹介致します!!

学校における生徒への良い接し方の手本だと感じた教師

 


青い鳥 (新潮文庫)

 それでは、本の紹介をしていきたいと思います。今回は、こちら、重松清氏の「青い鳥」です。

孤立ぎみの生徒へ歩み寄る教師

 私が学生の頃、教師を見ていて思ったことは、教師は騒がしい生徒にばかり目がいって、静かな生徒にはあまり気にかけていないでした。

 この作品の主人公である村内先生という教師は、仲の良い人が居らずに孤立している生徒、苦しい過去を抱えている生徒等のもとに現れ、喋り方は変ですが、誠実に向き合い、その生徒の味方だという心構えで接していき、そんな中でその生徒達は村内先生と出会う前よりも前を向いて生きるようになっていきます。

教師は問題のある生徒よりも目立たなかったり、他人に心を開いたりすることが苦手な生徒のことを見た方が良い

 私も学生の頃は一人でいることが多く、特に中学生の頃は他の生徒に「友達のいない奴」といったことを言われ、内心すごい憤りを感じていました。ただ、それを言われても何も抵抗出来ず、他の生徒の近くにいてカモフラージュしていました。体育祭とかでよく言われる団結力も、全然共感出来ませんでした。クラス全員でリレーをする「全員リレー」という競技があったのですが、これは特に愚の骨頂だと思っていました。足の遅い生徒がいて、それで負けたらその生徒はひどく叩かれるかもしれないのに、よく団結力が深まるなんて言えるな。溝が深まるの間違いなんじゃないか?この競技を企画した人間の脳はどれだけおめでたいんだ。あと、徒競走で一人取り残された生徒に「〇〇さん、頑張ってください」という言葉をかけるのも応援に見えて、実はタチが悪い。恥ずかしい気持ちでいるかもしれないんだから、そっとしておけよと思いました。こうしてみると自分の方がまだ人の気持ちが分かるのではないかと思っていました。実際、村内先生みたいな人と出会えたら、色々悩みを打ち明けることが出来て、友達が出来ず、それを馬鹿にされるようなことがあっても堂々と振舞えたのかもしれない。この本を読んで思いました。

 教師というのは、生徒の心をケアしなければいけないと思います。いじめがあっても、しっかりケアしていればいじめを受けた生徒が自殺に走ることは減るのではないかと思います。そのために、教師は村内先生みたいに、素行に問題がある生徒だけでなく、孤立しがちな生徒にも目を向けるべきだと思います。素行に問題のある生徒はとっとと卒業証書を渡して「卒業式まで来なくていい」と言っておけばいいのです。

 

 今回のお話は以上です。よろしければ他の記事もご閲覧お願い致します。

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。