本が友達の大人の読書感想文

自分がこれまで読んで気に入った本。漫画、小説、ビジネス書、ジャンル問わず紹介致します!!また、観た映画や子供の頃やっていたゲーム等についての感想も書きます。

雀荘のサエコさん2巻

 こんばんは。本日をもって今の仕事場が終わり、来週から新しい仕事場に行きます。

 年末になりますけど、私にとっては始まりの時期ですね。

 それでは本題に入ります。今回ご紹介する作品は、こちらになります。

 


雀荘のサエコさん(2) (近代麻雀コミックス)

収録話

 雀荘のサエコさん第2巻です。2巻では有名なイカサマ師との対戦、体力が無いサエコさんが体力作りに励む。1巻で戦った雀花蓮のエース、花園マロンがちゅんちゅんに引っ掛けが得意な迷彩雀士を送り込み、サエコさん、大苦戦?麻雀が超弱い本田君が退職希望!?それを阻止すべく本田君を強くしようとするが・・。サエコさん、美也ちゃんが船の上で麻雀対決、店長が近所の雀荘の店長と料理対決。麻雀がらみの殺人事件で警察の捜査に協力。愛人契約と1000万を掛けて資産家と対決。勝つのだけど・・?店長に好きな人が出来て良い所を見せようと調子に乗ったら強敵が現れ絶体絶命!?占いによるとサエコさんの本日の運勢は最悪で勝負事には絶対に勝てないらしい。あるラッキーアイテムが鍵となるらしいが・・。

 

 ・・こんな話が載っています。(まだあります)

引き続き笑い要素がたっぷり

 2巻でもサエコさんは相変わらず麻雀では無敵の強さを誇り、麻雀以外ではダメダメです。しかし、サエコさんはどんなに危険な賭けであっても首を横に振らないで引き受け、周りから止められても「勝てば問題ありません」と負ける気全く無し。それだけ麻雀においては自信があり、また、麻雀だけは誰にも負けたくない気持ちなんでしょうね。他の漫画、バトル系の漫画で他人を庇ったが故に犠牲になるシーンがありますけど、この時にこの台詞使えるのではないか?と思いました。他にも何か困ったことがあれば麻雀対決を持ち込む所もあるので、もはや麻雀狂ですね。

 そんなサエコさんと対極の関係にある本田君。本田君強化計画では「これが本田か」という項目があるのですが、自分も同じようなことをやって振り込みまくったのですごく共感出来ました。ただ彼の打ち方は迷彩雀士にとっては厄介みたいで・・。雀力0はちょっと言い過ぎかもしれないです。意外性があるので正直侮れないと思います。

 そして店長も料理、麻雀の両方で活躍します。

 普段は外から見ていたり、厨房にいることが多かったりで打つことは他の3人に比べて少ないので見どころです。

 1巻の途中からメンバーに加わった炎のギャンブラー、美也ちゃんも2巻でも相変わらずツッコミまくります。

 

 今回のお話は以上です。明日も更新致しますのでどうぞよろしくお願い致します。

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。