本が友達の大人の読書感想文

自分がこれまで読んで気に入った本。漫画、小説、ビジネス書、ジャンル問わず紹介致します!!

【書評】超一流、二流、三流の休み方―――休みを見直せば、人生が変わる!

大富豪と呼ばれる人生の成功者を「超一流」、 仕事ができるといわれる方を「二流」、 ごく一般的な方を「三流」と称したうえで、 休み方や体調管理などの違いを比較検証している 「超一流、二流、三流の休み方―――休みを見直せば、人生が変わる!」の感想です…

【書評】イチローの功と罪

野村克也氏が見たスーパースターイチローの印象が書かれた「イチローの功と罪(宝島社文庫)」の感想です。

【書評】松井秀喜物語

巨人、ヤンキースで4番を打ったスーパースター、松井秀喜氏の生い立ちを描いた本「松井秀喜物語」の感想です。

【書評】斉木楠雄のΨ難

ジャンプで連載されていた「斉木楠雄のΨ難」の感想です。

【書評】まんがでわかる!食べても食べても太らない法

管理栄養士菊池真由子氏著の累計20万部を突破したベストセラー、「食べても食べても太らない法」のまんが版「まんがでわかる!食べても食べても太らない法」の感想です。

【書評】スマホ脳

世界的ベストセラーになったアンデシュ・ハンセン氏の著書であり、最新研究によってスマートフォンは記憶力や集中力、学力の低下、スマホ依存という悪影響を及ぼし、そしてスマートフォンの便利さに溺れて人々の脳が崩壊していくという警告が描かれている「…

【書評】SMAPはなぜ解散したのか

SB新書「SMAPはなぜ解散したのか」の感想です。

【書評】ラノベのプロ!②

ラノベ作家の日常や苦悩を描いたライトノベル作品「ラノベのプロ!」の2巻の読了感想です。

【書評】青の数学

「数学とは何か?」という問いに問題を解きながらその答えを探していく作品、「青の数学」を読んだ感想です。

【書評】スラスラ読めるPythonふりがなプログラミング

どうも。takaです。今回は「スラスラ読めるpythonふりがなプログラミング」についての感想です。 Pythonに興味を持った時に買いました。 スラスラ読める Pythonふりがなプログラミング (ふりがなプログラミングシリーズ) 本の内容 プログラミング言語であるP…

【書評】ガラスの城壁

神永学氏作の長編ミステリー、「ガラスの城壁」の感想です。

【書評】レトロゲームファクトリー

アプリケーションの企画・開発、プログラミング系技術書等の執筆も行っている柳井政和氏の小説作品「レトロゲームファクトリー(新潮文庫)」の感想です。

【書評】菜根譚

前集222条、後集135条からなる中国明代(1368~1644年)末期の古典、菜根譚(岩波文庫)を読んだ感想です。

【書評】キミがキライな恋の話

三月ソラ氏の漫画作品、「キミがキライな恋の話」の感想です。

【書評】パパと巨乳JKとゲーム実況

電撃コミックスの作品、 「パパと巨乳JKとゲーム実況」の感想です。

【書評】もっとやりたい仕事がある!

池上彰氏の「もっとやりたい仕事がある!」についての感想です。

【書評】悪寒

伊岡瞬氏の作品、「悪寒(集英社文庫)」についての感想です。

【書評】イリュージョン

松岡圭祐の作品、「イリュージョン」についての感想です

「書評」冷たい密室と博士たち

理系作家、森博嗣氏の作品で、大学助教授の犀川創平、女子大生の西之園萌絵の2人のコンビが数々の事件に挑むミステリー小説、S/Mシリーズの2作目の感想です。

【書評】野球人

落合博満氏の現役晩年の様子が描かれた本です。

色々な漫画を読んでいくことで好きなこと、やりたいことが見つかる

漫画は夢を見つけるための最高のツールです。

【書評】先生は教えてくれない! クレヨンしんちゃんの「やる気」がどんどん出てくる方法

「クレヨンしんちゃん」の登場人物が織りなす「やる気」を上げるにはどうすれば良いかが書かれた漫画、 【クレヨンしんちゃんの「やる気」がどんどん出てくる方法】についての感想です。

【書評】「仕事と心の流儀 」

早稲田大学特命教授、グローバルビジネス学会会長を務めている丹羽宇一郎氏が、若い頃どんな考えで仕事に取り組んでいたのか、どのような生活を送っていたのか、ニューヨークに駐在していた頃等も踏まえて書かれた「仕事と心の流儀 」の感想です。

【書評】銃・病原菌・鉄 1万3000年にわたる人類史の謎

現在の世界で発生している「地域格差」。 これは一体何によって生じたものなのか? 1万3000年にわたる人類史のダイナミズムに隠された謎を、進化生物学、生物地理学、文化人類学、言語学等の様々な知見を駆使して解き明かしていきます。

【書評】ヒッコスでひっこす

荷物をまとめる手間も無く、自分の住みたい所に家ごとすぐに引っ越すことが出来るという「羨ましい」が詰まった作品です。

【書評】「やりがいのある仕事」という幻想

働くことにやりがいを求めることは幻想である。 ならばどういう考えで仕事に取り組むのが良いのかが書かれています。

【書評】ボカロPで生きていく 40mPのボーカロイド活動日誌

40mPさんのボーカロイド活動の初期頃の様子、それからのプロセスを漫画化した作品、「ボカロPで生きていく 40mPのボーカロイド活動日誌」の感想です。

天久鷹央の推理カルテを読んだ感想

患者の病気を謎を解き明かす医療系ミステリー、「天久鷹央の推理カルテ」の感想です。

【書評】ヴィクトリア

近代ノルウェー文学を代表する大地の作家クヌート・ハムスン氏の最も美しい愛の物語、「ヴィクトリア(岩波文庫)」を読んで思ったことを書いています。

【書評】ぱらのま

読むと電車の旅がしたくなる漫画、「ぱらのま」の紹介です。