本が友達の大人の読書感想文

自分がこれまで読んで気に入った本。漫画、小説、ビジネス書、ジャンル問わず紹介致します!!また、観た映画や子供の頃やっていたゲーム等についての感想も書きます。

病気にならない、太らない体へ

 こんばんは。takaです。今日の夜会社を出たら天気予報で言っていた通り、雨が結構降っていて、「これは雨具を着ないといけないかな」と思っていたのですが、地元の駅について雨の降り具合を確かめると、幸いなことに雨が降っていなかったのでホッとしました。そして、また降り出したら困るので急いで自転車を漕いで帰りました。


医者が教える食事術 最強の教科書――20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68

 今回は、「医者が教える食事術 最強の教科書ーー20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68」を読んで知った、肥満体系にならないように、病気になる確率を低くするにはどんな食生活を送れば良いのかを書いていきます。

太るのはカロリーが原因ではない

 

 太る原因はカロリーで、カロリーを消費するにはどうすれば良いかという考えがありますが、太るのはカロリーが原因ではありません。太る原因は、糖質です。だから、カロリーの多いものを取っても、糖質が低いものであれば太らないし、逆に、糖質が多いものを取れば、量が多くなくても太ります。なので、太らないためには普段から糖質が少ないものを取るようにした方が良いです。

よく噛んで食べる

 

 食事の際はよく噛んで食べるのが良いです。早く食べると好きなものでもなかなか満足出来ず、お代わりなどをしてしまって多く食べてしまいます。私もあまり噛まないで早く食べていたのですが、なかなかお腹が満たされず、食べ過ぎかなと思うことが多かったです。なので、今はよく噛んで、少ない量で満足出来るように心がけています。

パンやお菓子は食べないようにする

 パンやお菓子は糖質が多く含まれているので、多く食べると良くないです。その中には、ケーキもやはり含まれています。なので3時のおやつに何を食べるのかも慎重にしなければいけないです。意外なことに、果物もです。バナナとかずっと体に良いと思っていたんですけどね。ただ、チョコレートはカカオを多く含んでいるものであれば大丈夫です。

運動をする

 長く生きるためには、運動は大事です。もし、付き合い等で糖質が多いものを摂ってしまったら、運動をする。そうすれば運動をしない人と比べて負担を減らせることが出来ます。運動は食後すぐにするのが良いです。私は、食後に腕立て伏せと体幹とスクワットをしています。普段デスクワークだと体を動かさないと不安で不安で落ち着かなくて。運動は好きな方なんでしょうかね?ゲームばかりしていたけど、外で遊ぶのも好きだったので。

この本を読んで変えた食生活

 この本を読んだことで、私は出来る範囲で食生活を変えるようにしました。肥満体系になるなんて冗談じゃないので。

 ファミレスに行った時は果物ジュースを飲んでいましたが、ドリンクバー自体あまり頼まなくなり、頼んだとしてもウーロン茶を飲んでいます。スーパーで大きいペットボトルのジュースを買うことも止め、水を飲んでいます。

 お菓子もポテトチップスを買って食べることを止め、カカオ含有率70%以上のチョコレートを小腹が空いたら食べています。チョコレートは切れないようにストックしています。また、チーズも毎朝食べるようにしています。

 水以外では、会社で飲むものとして緑茶を持っていき(これは以前からですけど)、他にも豆乳も飲み始めました。

 この本を読んだことで健康に対する意識が強まりました。また、知識も得ることが出来ました。自分にとってとても良い効果を得ることが出来たと思っています。

 

 今回のお話は以上です。もしよろしければ他の記事もご閲覧お願い致します。

 最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました!!

 

 

 

 

辻村深月氏が描いた人間の「死」について

 こんばんは。takaです。月曜日って出勤する時は面倒だなと思うのですが、業務に集中すると「ああ、もう今週の一日目終わりか」っていう感じがしますね。今週から大変な業務が出て来たので、荷が重いなと思いながらも怒られたりすることを恐れずにいきます。そうしないと帰れないので。


ツナグ (新潮文庫)

 今回は、2012年に刊行された辻村深月氏の作品、「ツナグ」を読んだ感想について話していきたいと思います。結構前の作品だったんですね・・。

ストーリー

 人は、どう足掻いてもいずれ死ぬ。そして人は死ぬと、葬式が行われ、体は高温で焼かれて骨だけになり、49日後にお墓に収められます。そしてその人とは話すことも、その人の顔も遺影やアルバム写真等でしか見ることも出来ません。

 この作品は、生涯に1回だけ、生者と死者の仲立を務める「使者」を通じて現世に生きている人間が死んであの世にいる人間に会うことが出来る。

 そして、その噂を聞いて、亡くなったアイドルや親、親友等に会いたいという依頼を頼み、使者はそれを受けて使者と交渉し、会うかどうか、死者に交渉をします。

独立しているものだと思っていたが、それは違った

 先週から出勤する際に電車の中で一日一話ペースでこの本を読んでいたのですが、この作品は、一話ごとに主人公が違っていたので、それぞれ別の次元のお話かと思っていました。

 しかし、今日最後の話を読んでいる中で、ある人物がこれまでの話に出ていた人と同一人物ではないかと思って前に読んだ所を見たのですが、その通りでした。その時、この作品は同じ世界、時間でつながっていたのだと気付きました。

 あと、これまでその話の主役の一人称で物語が進んでいたけど最後の話だけ三人称文体で書かれていたのも驚きました。

人は死んだらどこに行くのだろうか?

 この作品を読んでいて真っ先に思ったことですね。私はよく「自分は何者なのか?」「どういう原理で意志を持っているのか?」「死ぬのが怖い」と思っています。

 なぜなら、分からないからです。本当にあの世があって、そこに行けると信じたい気持ちがあるから前世や来世も信じるし、スピリチュアルの番組であの世にいる人と対話したというのも信じています。少なくとも、永久に動けないなんてつまらないから嫌です。

もし死者に会えたらどうするか

 もし私が1回だけ死者に会えるとしたら、歴史上の人物にしようかなと思っています。聖徳太子の実際の顔とか見てみたいからです。日本史の本を見ても想像の絵で描かれているからどんな顔か知らないし、前から見たかったんですよね。清少納言や徳川家康とかも絵だから誰に会おうか。うーん、悩みます。

 今の技術だと生前の顔がどんな感じなのかというのが分かるらしく、卑弥呼はおかめみたいな顔だったらしいです。卑弥呼に関してしか知らないですけど。

全体の感想

 

 このシステムは、身内や親友だとお互いに言えなかったことを言う機会を設けて現世に生きる人達に前を向いてこれからの人生を歩んでほしい。そしてこの作品は、死ぬまで悔いのないように生きなさいと読者に発信しているのかなと思いました。

 

 今回のお話は以上です。もしよろしければ他の記事もご閲覧お願い致します。

 最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。

 

 

 

人生で負けないためには

 こんばんは。takaです。本当に早いですね。土日が過ぎるというのは。やりたいことが多すぎて時間が欲しい。そんな気持ちばかりですね。まだ読んでもいない本がいっぱいありまして。しかも読み終わらないままどんどん購入していってしまうので部屋のスペースがもう厳しいです。断捨離はしているんですけど、気に入ったものが多くてなかなか減りません・・。


不敗人生―43歳からの挑戦

  今回は、プロ野球で三度も三冠王を獲得し、中日の監督としても一度もBクラスになったことが無いというすごい成績を残した落合博満氏の著書、「不敗人生ー43歳からの挑戦」を読んだ感想について話していきたいと思います。

本の内容

 1996年のシーズンオフ、清原和博氏が巨人に入団することになり、それに伴って同じファーストのポジションにいたために巨人を退団し、日本ハムに入団することになった落合博満氏の経緯を、マスコミの反応等と共に書かれています。

落合氏の巨人の4番としての役割

 落合博満氏は、1993年オフに、「長嶋監督を胴上げさせるために来た」とFAで中日から巨人に移籍します。その時、すでに年齢は40歳で、衰えもささやかれた状況でした。なので、長嶋監督も、シーズン50本塁打を打ってくれというのではなく、今の巨人に足りないものを与えてくれる存在として期待していました。

 また、昨年に入団した松井秀喜氏に4番のエキスを注入させるという目的もありました。長嶋監督は落合氏に用がある際、松井氏と元木大介氏を遠征先で落合氏の部屋に行って呼んで来るように頼んでいたそうで、松井氏が部屋に入ると、落合氏はバットを持ってテレビを観ていたそうです。この光景から、落合氏は常日頃から野球を頭から離さずにいたことが分かります。

 そして、落合氏は1994年の10・8決戦でも先制のホームラン、勝ち越しタイムリーを打つなど、大事な局面で結果を残しました。

 

落合氏の巨人時代の成績

1994年 打率2割8分0厘 本塁打17本 打点65 出塁率3割9分3厘

1995年 打率3割1分1厘 本塁打15本 打点68 出塁率4割1分4厘

1996年 打率3割0分1厘 本塁打21本 打点86 出塁率4割0分3厘

 衰えからか、トータルの成績は全盛期と比べると少ないですが、やはり出塁率は高いですね。

退団のきっかけ

 落合氏は、巨人時代の最終年は8月末に死球で骨折して戦線離脱してしまいましたが、43歳になる年であるにもかかわらず、巨人時代の中では最高値の本塁打数と打点数を出しています。骨折しなければ100打点いったかもしれません。

 しかし、このシーズンのオフ、清原和博氏が前から憧れていた巨人に入団するという流れになり、それから落合氏と球団の発言のすれ違い等で落合氏と球団との間に溝が出来てしまいます。それが続いた結果、落合氏は「清原君と勝負して負けるつもりはないが、どちらを使うかで長嶋監督の悩む姿を見たくない」と自ら自由契約を申し入れ、長嶋監督同席という異例の形式で退団会見を開き、巨人を退団します。

 そして、オファーがあったヤクルトと日本ハムの中で、日本ハムは「生きた教科書として必要」という言葉を受けたので日本ハムに入団しました。

負けない人生とは能動的な行動を取ること

 この本で、落合氏は「自分から巨人を退団したから自分は勝った」という発言をしています。落合氏は、高校時代も体育会の風習が嫌で部活に顔を出さず、大学時代もこれもまた馴染めず退学します。しかし、部活に出る出ない、大学を辞める辞めないは自分で決めたことで、辞めろと言われていた訳ではないです。

 中日の監督時代も、退任が決まっても外に文句を言うこと無く、「もう来年のことを考える必要が無くなった」と言って受け入れています。

 このことから、人生で勝つためには受け身ではなく、能動で動くことが必要だと思いました。その結果良くない方向に物事が運んでも、それは負けということではない。失敗は成功の元であり、恥ずかしいことでも何でもない。むしろ自分でこうしたいと考えて行動したのだから周りに比べてリードしている。だから勝ちと捉える。

 落合氏を見て、人生において、負けの時とは決まったことに対して受け入れられずにあーだこーだと不満や文句を言うことが負けなのだと思いました。

 

 今回のお話は以上です。もしよろしければ他の記事もご閲覧お願い致します。

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

練馬から松本まで行く最短ルート

 こんばんは。takaです。私は長野県が好きで、自分が住んでいる埼玉から長野県のある所に向かうにはどの道を通っていけばいいのか、考えています。そこで、私が持っている下の地図を見て、この場所に行くにはどのくらい時間がかかるのかを書いていきます。


ワイドミリオン全日本道路地図2016-2017

 この本には、インターからインターまでの距離が書かれています。ここからは、関越自動車道の起点である練馬インターから入る場合を書いています。

 

長野に行く場合

 長野県長野市まで行くルートとなると、これは関越自動車道で藤岡JCTまで行って上信越自動車道に入って行った方が距離も中央自動車道経由で行くより大分短いので一択ですね。

松本に行く場合

 松本まで行くルートだと、鶴ヶ島JCTで圏央自動車道に入り、八王子JCTで中央自動車道に入り、岡谷JCTで長野自動車道に入っていくルートだと239.6km、藤岡JCTで上信越自動車道に入り、更埴JCTで長野自動車道に入って行くルートだと247.5kmで、差は近いです。

 距離的には圏央自動車道、中央自動車道経由の方が短いです。しかし、この二つの道路は、制限速度が80kmが多いです。それに対して、上信越自動車道経由の場合は、松井田妙義インターまで制限速度が100kmで、そこから先は80km。

 練馬インターから鶴ヶ島JCTまでの距離が27.8km。そこまでは共通。引くと211.8km、219.7km。圏央自動車道経由で塩尻インターまで80kmで走り、塩尻インターから松本インターまで100kmで走ったとしてかかる時間は196.9/80+14.9/100で2.609だから2時間36分くらい。70kmで走る区間が少しあるので2、3分くらい足します。

 上信越自動車道経由だと、鶴ヶ島JCTから松井田妙義インターまでが88.3kmで、かかる時間が88.3/100で0.883だから52,3分。松井田妙義インターから安曇野インターまでが124.1km。安曇野インターから松本インターまでの7.3kmを100kmで走り、124.1/80+7.3/100で1時間36,7分。この二つを足すと、2時間30分くらいで、上信越自動車道経由の方が若干短いですね。この計算で、松本より南のインターなら圏央自動車道経由の方が早い時間で行けるということですね。

まとめ

 練馬から長野や上田、軽井沢に行くのであれば、上信越自動車道経由、諏訪や飯田の方であれば中央自動車道経由の方が早いですね。松本はそこまで差は無いからどちらでもって感じですかね。

 それにしても、圏央自動車道のお陰で、便利になりましたね。昔は相模湖や富士急ハイランドに行くのが面倒だと思っていて行きたい場所から外されていましたけど、行きやすくなったし。

 

 

 今回のお話は以上です。もしよろしければ他の記事もご閲覧お願い致します。

 最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました!!

 

 

仕事が嫌でも、努力すれば自分の成長につながる

 こんばんは。takaです。一昨日昨日と帰る時間が遅くなってしまい、入浴してすぐに寝ないと寝る時間が0時を過ぎてしまうので更新していませんでした。1日だけならまだしも、二日は初めてですね。平日は帰りが遅くなると次の日仕事だから遅く起きている訳にはいかないので、定時ちょっと過ぎで帰れれば更新出来る。という感じです。来週から忙しくなりそうなので平日はもしかしたら更新頻度が少なくなるかもしれません。早く帰れれば良いですけど。


仕事と心の流儀 (講談社現代新書)

 今回は、こちらの本を読んだ感想について話していきます。今週家にいる時間を使って3日かかりました。

本の内容

 早稲田大学特命教授、グローバルビジネス学会会長を務めている丹羽宇一郎氏が、自分がまだ若かった頃どんな考えで仕事に取り組んでいたのか、どのような生活を送っていたのか、ニューヨークに駐在していた頃等も踏まえて書かれています。

仕事は修行

 この本の表紙に書いてある「つらい仕事ほど、人を成長させる」の通りです。仕事はお金や生活のためにやることですが、そのためにやっていると平日、特に月曜日。心が鬱状態になり、仕事が辛くなるだけかなと思います。実際私も月曜日は体がキツくて嫌です。

 ただ、そう考えるとその時間があまり効率が良いとは感じることが出来ず、どうせやるなら仕事に使う時間も有意義に使いたい。やらなければいけないのであればやる気が出る発想に切り替えるようにしています。一つの仕事を覚えることによって自分の魅力や能力が上がって職場で異性にモテるようになった自分や、上司に自分がいなければ困ると言われるほど信頼されるようになる自分を想像する。そうすることによってお金のため、生活のための他にやる目的が増え、鬱になりやすい月曜日でも「よし、今週もやるぞ!!」と気合を入れられるかなと思います。他にもゲームが好きな人であれば、RPGゲームで、主人公が自分。難しい案件がボス。ルーチンワークが雑魚敵と置き換え、ストーリー攻略とか自分のレベル上げに例えると良いかもと思います。

自分の仕事に自信が無いから仕事が嫌で、出勤したくないと思う気持ちにつながる

 私が仕事を通じて感じた経験なのですが、出勤したくないと思う原因は、自分の能力に対する自信の無さから来ているのだと思います。「今日も上司に怒られるのが怖い」、「周りの足を引っ張ってしまうかもしれない」「外野からあーだこーだ言われるのが腹立つ」等です。

 私の勤務形式は、客先常駐なのですが、現場が変わるごとに周りの態度や方針が違ったり、仕事内容もガラリと変わるので基本的に1から覚えなければならず、しかも自分で解決するのが難しい問題に直面することが多いので、「これだとすぐに切られてしまう」という気持ちに陥ってしまい、出勤するのが辛いなと思います。なので少しでもストレスを和らげようとして、「やったことが無いことに取り組むことによって引き出しが増える」と考えて取り組んでいます。

努力を怠ると・・・

 人間はどんどん年を取っていき、それに伴って新しく入ってくる後輩が出てくる。なので努力を怠ってしまうと、自分の仕事はAIに取られる前に他人に取られてしまいます。そうなると自分は会社にとって不良債権と見なされ、それこそ目の前が真っ暗になります。だから、そうならないように色々仕事に対応出来るようになったり、特定の分野のエキスパートにならないと不安は取っ払えないかなと思いました。

 なので、努力はしないといけないですね。努力して出来なかったことが出来るようになれば、仕事に対する不安やストレスが減り、月曜日の辛さも減ると思います。仕事をしっかりこなせるようになれば、自ずとメリハリも付いて、人生も良い方向に向かっていくのだとこの本を見て思いました。

 

 今回のお話は以上です。もしよろしければ他の記事もご閲覧お願い致します。

 最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました!!

 

 

 

 

睡眠前にハーブティーを飲むと眠りが良くなる

 こんばんは。takaです。今日気付いたのですが、平日だと、いつも朝起きて準備して、家を出てから最寄りの駅に着くまでは眠気が覚めるのですが、電車に乗るとどんどん眠くなっていきます。電車の中は暖房が効いているからか?はたまた職場に行くのが億劫なのか?寝不足なのか?思い当たるのはこの3つで、自分が思うに、寝不足なのかなと思います。6時間切っているので。

最初はホットミルクを飲むことを心掛けた

 以前、ホットミルクを寝る前に飲むと、眠りが良くなるという情報を仕入れたのでやってみたのですが、私は牛乳が嫌いで、中学の頃はカルシウムを取るためと割り切って飲んでいました。しかし、味が分からないように息を止めて一気に飲み干しており、飲み終わったらうがいをして牛乳の匂いを消そうとするなどをしていました。

 ホットミルクを飲む際も、睡眠効果を良くするためと思って試しに飲んでみたのですが、熱いので一気に飲むと口の中が火傷するのでお茶をすする感覚で飲みました。しばらく続けている途中でさらに効果が良くなると聞いたので蜂蜜を入れたりもしたのですが、やっぱり牛乳が嫌いなのもあって、段々飲むのがキツイと感じていました。

ハーブティーを飲み始めた

  そんな中で、AGE牧田クリニック院長である牧田善二氏が以前金スマに出演した際、紹介した著書、「医者が教える食事術」を読んでいると、本の中で、「寝る前にハーブティーを飲むと良い」と書いてあったので、早速スーパーで購入して実践してみました。ミント味だったのですが、良い匂いで、飲むとお腹の中がすっきりした感じになりました。

 ハーブティーに含まれているミント、ローズマリー、ラベンダー等には鎮静効果があり、不眠に効くそうです。


医者が教える食事術 最強の教科書――20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68

 私にとっては、ホットミルクよりもハーブティーを飲むことの方が好きになりました。元々ホットミルクを飲むことは好きではなかったですけど。牛乳嫌いなので。寝る前に飲むものが苦手でなくなって良かったです。現在はミント風味とカモミールフラワーの2種類を購入して、気分によって今日飲む方を決めています。もっと多く売っていれば良いのですが、近所だとそのくらいしか無くて。今度出かけた時に買おうと思います。

寝る前はテレビやスマートフォン、パソコンを見ないようにしたい

 眠りを良くするには、あとはこの3つですね。テレビはプロ野球シーズン以外は全然付けていないから良いとして、スマートフォン、パソコンは結構見るので気を付けないといけないですね。いつも仕事から帰ってからブログを更新するので、空き時間に今日は何を書こうかをある程度まとめて、書くのにかかる時間が減るようにしていきたいと思います。

 

 今回のお話は以上です。もしよろしければ他の記事もご閲覧お願い致します。

 ちなみに、今日PV数を調べたら、いつもより多かったので驚きました。これは嬉しいですね。これからもどんどん増えていってほしいです。

 最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました!!

あったかい子育てアニメ

 こんばんは。takaです。今日は何か日中から体がキツく、まだ水木金と続くからこの調子ではマズイと帰りの電車の中で少しでも疲れを取るべく目を瞑っていました。20代でも体のケアはしないといけないですね。もうすぐ30になるから若い若い言っていられないのですけど。


ママはぽよぽよザウルスがお好き DVD-BOX1

ストーリー

 保与田家の母、未来、父の源大、長男のヒョウガ、長女のジュラ、そして猫のジャックという4人+1匹の家族を中心とした子育ての日常を描くアニメです。最初の方は青沼貴子氏の原作の話に沿っている感じなのですが、後半からはアニメオリジナルの話が中心になっています。当時は多少見ていたのですが、4年くらい前に急に観たくなってアニメのDVDを購入して、観終わったらまた再生して観る・・の繰り返しをしていました。未来の声はサトシの声を担当している松本梨香氏で、源大の声は銀ノ介じいちゃんの声だったから興奮しました。

子供の行動にどう対応するのか、そして子供を育てるのは体力がいると思った

 このアニメは、基本的に子供がとる行動に対して、親がどのように対処していくのかが話のメインですね。日常系もありますけど。

 例えば、子供が「なぜ人は眠るのか?」等の疑問を持ち、親に質問した際、親はそれをどう反応し、どんな言葉を投げかけるのか。あと、日常的にヒョウガとジュラのワガママでパワフルな行動に振り回される未来と源大を見て、子供を育てるのは大変なんだなと思いました。

 私は現在独身なので子供が居らず、子育ての経験は全然無いのですが、自分が子供の頃、5・6歳の頃から先の記憶は残っています。子供の頃は親の言うことも全然理解出来なかったり、理解してもしなかったり、教師に反抗したり、周りに合わせて行動しなくて学校から親に苦情が来たり、とにかくやりたくないことは頑なとしてやりたがらず、自分がやりたいことしかやらなかったですね。小学4年生の頃は学校がつまらないと感じて学校に行きたくなくて親を困らせたり。しかもそのことに何の罪悪感も持たなかったです。おそらく、いや、確実だと思いますが、親は自分を育てるのはかなりストレスが溜まっていたかなと今になって思います。

野原一家みたいな家族

 子育て中心の話なのですが、観ていると話が面白かったり、暖かかったりと、家族絡みの楽しそうな良い話が多くて良いアニメだと思いました。野原一家と似た雰囲気ですね。家族構成も似ていますし。自分の親は仲が別に良いという感じではなかったので、家族団らんとは無縁でした。だからこういう雰囲気の家族アニメは憧れるし、好きですね。仲良し家族系の話を自分でも作ってみたいとも思いました。

 

 

 今回のお話は以上です。もしよろしければ他の記事もご閲覧お願い致します。

 最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました!!

 

 

「遊び」のパワーのすごさ

 こんばんは。takaです。明日からまた平日ですね。いつも3連休だとかったるくて体がいつもより動きたくないと感じます。ただ、勤務日数が一日減るから良いですけど。

 ちなみに昨日からスターを外してみました。その方が軽くなるらしいので。


僕たちは14歳までに何を学んだか 新時代の必須スキルの育み方(SB新書)

本の内容

 これからの時代を生きるために必須なスキルとは何か?そして、それをどうやって育むのか、ホリエモン、キングコングの西野亮廣氏、前田裕二氏、亀山敬司氏の子供の頃どんな遊び、体験をしたのか、藤原和博氏との対談形式も交えて書かれています。

 また、藤原和博氏本人の子供の頃やっていた遊びのエピソードも書かれています。

彼らの遊びは半端じゃなかった

 エピソードを読んでいて、自分の子供の頃の遊びとはスケールが違うと感じました。ホリエモンの著書である「ゼロ」「我が闘争」でも書いてありますが、ホリエモンは中学の頃プログラミングに熱中し、しかもシステムの移植等の仕事もしていて、その後、しばらくプログラミングから離れましたが、大学時代に再び関わり、IT会社を立ち上げました。

 西野氏は、オセロで「どうやったら勝てるのか」を論理的、客観的に考えることによって高い思考力が身に付け、それを漫才のネタを考える時でも活かされたのかなと思っています。

 前田氏は自分の歌を聴きに来てくれる人の要望に応えるためにものすごく練習をしたりするなどをしていたそうです。

 しかも、彼らは学業もゲームに熱中している時のようだったり、家族が喜ぶからという理由で良い成績を収めています。中学時代、中間期末で1教科50点取れれば上出来だと思っていた自分の姿を思い出して落ち込みました。

 

 

遊ぶことで思考力は磨かれる

 この本は、遊ぶことは人生においても役に立つし、遊ぶことで学校の授業では学べない思考も身に付けることが出来るし、柔軟に物事を捉えることが出来るなど、遊びの重要性について書かれています。

 例えば、ゲーム脳といってゲームをすると頭が悪くなるなんていう見方もありますが、ゲームは最初は操作が上手くいかないので理解しなければいけないし、色々思考を凝らせてやらなければならなかったりするので何も考えないでプレイすることは無いので頭を使います。

遊んでいると生きているって感じがする

 

 私は、幼少期は砂場で山を作り、山が出来たらトンネルを掘ったり、穴を掘ってその穴にバケツに組んだ水を入れたり、泥だんごを作ったりしていました。

 幼稚園の年長からゲームにハマり、ポケモンや「スーパーマリオワールド」等のマリオシリーズのゲームをずっとプレイして、小学生に上がったらそれらに加えて「スーパードンキーコング」シリーズ、「スターフォックス」、「バンジョーとカズーイの大冒険」等、やるゲームの種類が増え、小学5年生からは専ら「実況パワフルプロ野球」シリーズ、「パワプロクンポケット」シリーズに夢中になっていました。

 中学からはSMAPのCDを聴きながら歌ったりして、登下校時に歩きながら「世界に一つだけの花」や「Triangle」を歌っていたり、高校卒業後は昭和の歌をYouTubeで聴いて歌ったりしました。歌を歌うのは今でも好きで、仕事中でも無意識に鼻歌を歌ってしまいます。

上記の人達に比べると、自分がこれまでやって来た遊びが役に立ったか分からないです。子供の頃は客観的に物事を考えたことが全く無く、オセロはやらなくても将棋はやっていましたけど、戦略に関しての本を読んだりせず、ただ赴くままに駒を打っていただけですし。

 ただ、遊んでいると、生きているって楽しいって感じがします。その時は「自分は何で生きているんだろうか」「死んだらどうなるんだろう」とか、嫌なことを考える余地が無いので。

 ホリエモン等も人生の役に立つために遊びをしていた訳ではないと思うので、遊んでいる時は楽しいか否かを判断基準にして、役に立つかどうかは考えない。それが最善かなと思いました。

 

 今回のお話は以上です。もしよろしければ他の記事もご閲覧お願い致します。

 最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました!!

 

「遊び」のパワーのすごさ

 こんばんは。takaです。明日からまた平日ですね。いつも3連休だとかったるくて体がいつもより動きたくないと感じます。ただ、勤務日数が一日減るから良いですけど。

 ちなみに昨日からスターを外してみました。その方が軽くなるらしいので。


僕たちは14歳までに何を学んだか 新時代の必須スキルの育み方(SB新書)

本の内容

 これからの時代を生きるために必須なスキルとは何か?そして、それをどうやって育むのか、ホリエモン、キングコングの西野亮廣氏、前田裕二氏、亀山敬司氏の子供の頃どんな遊び、体験をしたのか、藤原和博氏との対談形式も交えて書かれています。

 また、藤原和博氏本人の子供の頃やっていた遊びのエピソードも書かれています。

彼らの遊びは半端じゃなかった

 エピソードを読んでいて、自分の子供の頃の遊びとはスケールが違うと感じました。ホリエモンの著書である「ゼロ」「我が闘争」でも書いてありますが、ホリエモンは中学の頃プログラミングに熱中し、しかもシステムの移植等の仕事もしていて、その後、しばらくプログラミングから離れましたが、大学時代に再び関わり、IT会社を立ち上げました。

 西野氏は、オセロで「どうやったら勝てるのか」を論理的、客観的に考えることによって高い思考力が身に付け、それを漫才のネタを考える時でも活かされたのかなと思っています。

 前田氏は自分の歌を聴きに来てくれる人の要望に応えるためにものすごく練習をしたりするなどをしていたそうです。

 しかも、彼らは学業もゲームに熱中している時のようだったり、家族が喜ぶからという理由で良い成績を収めています。中学時代、中間期末で1教科50点取れれば上出来だと思っていた自分の姿を思い出して落ち込みました。

遊ぶことで思考力は磨かれる

 この本は、遊ぶことは人生においても役に立つし、遊ぶことで学校の授業では学べない思考も身に付けることが出来るし、柔軟に物事を捉えることが出来るなど、遊びの重要性について書かれています。

 例えば、ゲーム脳といってゲームをすると頭が悪くなるなんていう見方もありますが、ゲームは最初は操作が上手くいかないので理解しなければいけないし、色々思考を凝らせてやらなければならなかったりするので何も考えないでプレイすることは無いので頭を使います。

遊んでいると生きているって感じがする

 

 私は、幼少期は砂場で山を作り、山が出来たらトンネルを掘ったり、穴を掘ってその穴にバケツに組んだ水を入れたり、泥だんごを作ったりしていました。

 幼稚園の年長からゲームにハマり、ポケモンや「スーパーマリオワールド」等のマリオシリーズのゲームをずっとプレイして、小学生に上がったらそれらに加えて「スーパードンキーコング」シリーズ、「スターフォックス」、「バンジョーとカズーイの大冒険」等、やるゲームの種類が増え、小学5年生からは専ら「実況パワフルプロ野球」シリーズ、「パワプロクンポケット」シリーズに夢中になっていました。

 中学からはSMAPのCDを聴きながら歌ったりして、登下校時に歩きながら「世界に一つだけの花」や「Triangle」を歌っていたり、高校卒業後は昭和の歌をYouTubeで聴いて歌ったりしました。歌を歌うのは今でも好きで、仕事中でも無意識に鼻歌を歌ってしまいます。

上記の人達に比べると、自分がこれまでやって来た遊びが役に立ったか分からないです。子供の頃は客観的に物事を考えたことが全く無く、オセロはやらなくても将棋はやっていましたけど、戦略に関しての本を読んだりせず、ただ赴くままに駒を打っていただけですし。

 ただ、遊んでいると、生きているって楽しいって感じがします。その時は「自分は何で生きているんだろうか」「死んだらどうなるんだろう」とか、嫌なことを考える余地が無いので。

 ホリエモン等も人生の役に立つために遊びをしていた訳ではないと思うので、遊んでいる時は楽しいか否かを判断基準にして、役に立つかどうかは考えない。それが最善かなと思いました。

 

 今回のお話は以上です。もしよろしければ他の記事もご閲覧お願い致します。

 最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました!!

方言はその土地の文化の一つであって、むしろ羨ましいと感じる

 こんばんは。takaです。いやー、本当に早いです。もう日曜日が終わりますし。購入して読んでいない本を読んでいたらあっという間に夜。しかもまだ全て読み終えている訳でもなく、休日あと1日増やして。もしくは業務中手が空いたら本を読ませてくれと思っています。


方言って素晴らしいっていう漫画 (IDコミックス)

 今回は、一昨日購入して読んだ「方言って素晴らしいっていう漫画」を読んで思ったことについて語っていきたいと思います。値段が800円以上するので買おうかどうか悩みましたが、ちろっと立ち読みサイトを見て面白そうだと判断したので買いました。

ストーリー

 福岡の田舎出身の女子、福原夢子は、大学生になって上京し、念願の東京ライフを送ることになります。そして一番の目的は彼氏を作ることで、友人からお勧めのイケメン男性を聞き、その後偶然その男性と知り合います。

 しかし、話してみると、その男性・青山蒼は、津軽弁で話すので、自分の理想とは全然違う上に何を言っているのか分からず、避けようとしたのですが、さすがにそれは最低な行為だという罪悪感や、友達は多い方が良いと思ったことで交流をするようになります。

方言とは

 方言とは地域によって違う形に変わっていく言語体系で、種類は色々あります。方言で有名なものだと関西弁、博多弁、2016年の広島のリーグ優勝や、「この世界の片隅に」がヒットしたからか、広島弁も知名度が上がっていますね。あと、「クレヨンしんちゃん」でみさえは自分の親と会話する際には熊本弁を使う時があるから熊本弁も有名かなと思います。私が去年仕事で関西出身の人が多い現場にいた時は日常的に自分の周りに関西弁が飛び交っていました。その中で、リーダーの方に「~してくれはる?」というのをよく言われたのですが、これは「~してくれますか?」なのかなと解釈しています。

方言は素晴らしいと思う

 方言を使うと、「田舎者」とバカにされるから嫌だと思う見方があり、私が最近読んだ作品の少女漫画、「ラストゲーム」に出てくる相馬蛍というキャラは、田舎出身であることにコンプレックスを抱いていて、みんなにバカにされるからと方言を使うことを控えていますが、方言はその土地の文化であり、素晴らしいなと思います。

 私は埼玉県の新座で育ちましたが、方言も無く、これといった特徴が無いのが嫌で、知名度が上がって欲しいから「県庁所在地を新座に移してくれ」とか思っていました。池袋にアクセスしやすいのがメリットといえばメリットですけど。

 だから方言がある土地で育った人のことを羨ましいと思っています。田舎では都心みたいにひっきりなしに電車やバスが来る訳でもないですけど、不便な所で育った分、精神的に逞しいと思うので、憧れます。

 何より自分が体験していない経験をしたという所が魅力だと感じています。

 そして、堂々と方言で話す人は地元愛を持っているが故だと思うので、私は蒼君がカッコよく見えました。

 

 今回のお話は以上です。もしよろしければ他の記事もご閲覧お願い致します。

 最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました!!

松井秀喜氏の生い立ちが分かる一冊

 こんばんは。takaです。今日は日中から雪が降って、しかも積もると聞いて火曜日のことを気にしていました。しかも今日は出かけなければいけない用事があったから外に出るのが怖かったのですが、外に出ると、積もるほど降っていなかったので助かりました。夜が怖いですけど。


松井秀喜物語―少年時代から今日までの、すべてを明かす (学研のノンフィクション)

 今回は、「松井秀喜物語ー少年時代から今日までの、すべてを明かす」を読んだ感想について話していきたいと思います。

本の内容

 読売ジャイアンツ、ニューヨーク・ヤンキースで活躍した松井秀喜氏の生い立ちについて書かれています。時期的には高橋由伸氏が巨人に入団した年くらいです。

 当時コロコロコミックで連載されていた「ゴーゴーゴジラッ!!マツイくん」を読んでいたこともあって、その影響でプロ野球に興味を持ち始めた頃に読みました。本の表面を見て、マツイくんの主人公であるマツイとは大分違う感じだなーと思いました。当時、現実とフィクションの区別が出来ていなかったのもので。

最初は右打ちだった

 松井氏は、幼少期から食欲旺盛で、体も大きかったそうです。野球は兄の影響でするようになり、兄と同い年の人達よりも遠くに飛ばしていました。野球を始めた頃は右打ちだったのですが、ある日、自分達よりも遠くに飛ばすのが面白くなかったのか、兄に左で打ってみるように言われ、憧れの選手である掛布雅之氏も左だから良いと思い、左で打つ練習を始め、最初はなかなかバットにボールが当たらない状況だったのですが、当たるようになると、打球はグンと遠くに飛んでいきました。右打ちのままだったらどうなっていたんでしょうね。この本を見たことで、私もイチロー氏や松井氏に憧れて左で打ち始めたのですが、ふざけてるのかと呆れられました。

人生のターニングポイントは中学の頃だと思った

 松井氏は、中学は根上中学だったのですが、その時にコーチを務めた人がこれまでで一番厳しい指導者であったと語っています。練習はいつも厳しく、さすがに松井氏もキツかったそうです。しかし、その厳しい指導のお陰で体の基礎が作られ、より強い打球を打てるようになったと語っています。

 そして、私は、この時に松井氏の人生を大きく変えたと思っています。

 すでに松井氏が強打者として有名になっている中、ある試合で、相手投手が松井氏との勝負を避け、敬遠しました。これに松井氏は腹を立て、バットを投げて相手投手を睨みつけました。しかし、試合後にコーチに自分の大事な野球道具を粗末に扱ったこと、敬遠はルールで許されているにも関わらず相手投手を睨みつけたことに対して厳しく叱責を受けました。この経験があったから、甲子園で五打席連続敬遠を受けても怒りの感情を出さなかったのだと思います。何が悪いのか、しっかり理由を付けて諭す良い指導者に出会えたんだなと思いました。また、敬遠は観客がブーイングをすることがあるから、卑怯だと思い込んでしまうのかなとも感じました。

巨人に入団してからの経験

 当時監督だった長嶋茂雄氏が当たりくじを引いたことで巨人に入団し、高津投手から打ったプロ初ホームランを打った時の感想、94年に10.8決戦、西武日本一になった時のこと、96年のオリックスとの日本シリーズ負けた時の感想、ファンに対する感謝、膝の故障について書かれていますが、松井氏の精神的な強さに驚きました。あと、面白いエピソードもあって松井氏もそういった部分があるんだなと思いました。

感想

 この本を読んで、松井氏がなぜファンだけでなく、野球界全体に支持されるのかが分かったと思います。そして、この本を読むことで、引退後にヤンキースタジアムで引退セレモニーまで催された理由が分かると思います。松井氏のことを知りたい人にはお勧めです。

 

 今回のお話は以上です。もしよろしければ他の記事もご閲覧お願い致します。

 最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。