本が友達の大人の読書感想文

自分がこれまで読んで気に入った本。漫画、小説、ビジネス書、ジャンル問わず紹介致します!!

「共感SNS」の感想。「共感」は人気を呼ぶ!!

 どうも。takaです。今回はゆうこすこと菅本裕子氏の著書「共感SNS」についての記事を書いていきます。


共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る

本の内容

 元アイドルのゆうこすさんは、InstagramやYouTube等のSNSを使って自己プロデュースを行って人生を変えた経験から、多くの人から支持を集めることが出来るためには「共感」が必要であると述べています。そして、共感を集めるためにはどういったことを発信していけば良いのかについて書かれています。

SNSをやると人生が変わる

 インターネットが普及する前は、芸能人やニュースキャスターといった人達にしか世間を騒がせるほどの影響力は無く、近所の友達と話題を共有するくらいしか出来ませんでした。

 しかし、インターネットが普及し、SNSが出て来たお陰で、全世界に自分の考えを発信したり、会ったことが無い人とコミュニケーションを取ることが出来るようになっています。それによって選択の幅が広くなりました。例えば、漫画を描いたら出版社の人に見てもらうのが常識ですが、自分が描いた漫画をSNSに投稿した結果、好評で書籍化した例もあります。

 なので、自分が有名人、芸能人でなくても、ネットが繋がる環境があれば、いつでも世界中の人とつながることが出来るようになりました。

 私もネットが普及したお陰で、友達がいなくてもポケモンバトルをすることが出来るなど、生きることが楽しくなりました。

「共感」が人気の訳

 共感が人気を呼ぶ理由の一つとして、自分にとって身近なものであると感じるいうのがあります。

 例えば、コミュニケーションが苦手な人を主人公にした漫画であれば、実際にコミュニケーション能力が無い人が困ったシチュエーションを描けば、コミュニケーションが苦手な人は「これよくある~」と面白がり、そこから気に入られるようになります。

 宣伝でも○○の中で人気というのが書いている本だと、その中から共感を集めているから人気が出ているのです。

 これと同じように、SNSでも特定の人から共感を集めるもの、有益な情報を発信していくことでファンがついていきます。

やらないよりやるのが良い

 ただし、SMSは、炎上というリスクもあり、自分の発言が問題になって多くの人から叩かれるといった痛い目に遭うこともあります。やらない理由として、炎上を怖がっているという部分もあります。

 しかし、周りが不快に思うような発言等に気を付ければSNSは楽しいツールです。自分の普段の生活からでも共感が得られるかもしれません。そこから輪が広がっていきます。輪が広がれば面白くなりますよ。

 

 今回の記事は以上になります。もしよろしければ他の記事もご閲覧お願い致します。

 最後までご愛読、どうもありがとうございました。次回もまたご覧下さい。

「グラゼニ」プロ野球選手の生活を描いた漫画

 どうも。takaです。今回は、プロ野球漫画「グラゼニ」についての記事を書いていきます。


グラゼニ(1) (モーニングコミックス)

プロ野球は過酷な世界

 プロ野球選手というと、子供の将来の夢としてもすごく有名です。私も小学生の時「プロ野球選手になりたい」と思っていました。野球が好きだし、何億ものお金を貰うことができ、良い生活が出来るというのも理由でした。

 しかし、大人になっていくにつれ、プロ野球の世界は過酷で厳しい世界であると認識するようになりました。年末に放送されているトライアウトの番組では、戦力外通告を受けた人達の様子が映し出されているのですが、観ていて気持ちが暗くなります。確かに大活躍をすることが出来れば多くのお金を貰うことが出来るし、スターとしてチームの顔になることも出来る。しかし、結果を残せず、戦力外通告を受けたらその時点で無職。拾ってくれる球団が無ければ引退を余儀なくされ、年収も100万以下になることも珍しくない完全なる実力社会。億まではいかなくても、何千万という金額を貰っていると一般社会だとそれだけで十分かもしれませんが、プロ野球選手は生涯続けられる職業ではなく、例え大選手でも加齢とともに身体能力、パフォーマンスが落ちていき、最終的にユニフォームを脱ぐ。イチロー選手も45歳でユニフォームを脱ぎました。引退した後はどう生きるか?監督になれるのは12人だけ。コーチになれる人も多くなく、慣れたとしてもこれらもずっと出来る訳ではなく、契約が終わればそこで無職。選手名鑑の中には試合で見覚えが無い選手がいるということも、プロ野球界で結果を出して生き残ることの難しさを感じます。

 この漫画は、そんなプロ野球選手の人生に重点を置いた漫画です。

プロ野球で成功するのは、ツキやタイミングもある

 練習をすればパフォーマンスも上がりますが、試合に出す選手を決めるのは監督である上、入るチームによっても左右されます。自分と同じポジションにすごい先輩がいたら難しくなるし、逆に空いているポジションであればチャンスが回ってくるかもしれない。例えば、自分と同じポジションの投手の調子が悪くなったら穴埋めとして出番が回り、そこで結果を出すことで首脳陣から信頼されるようになり、試合に出場できる回数が増える。 

 プロ野球選手の著書も読んで思ったことですが、プロ野球で重要なのはドラフト何位で入ったのかではなく、入った後にいかにタイミングを掴むことが出来るかだと思います。回って来たタイミングを逃さないようにするためにも練習をして期待に応えられる確率を上げる。それが掴めなければユニフォームを脱ぐしかない。

 プロ野球という世界がリアルに感じるのでプロ野球に興味がある方はぜひ読んでみて下さい。読むだけで緊迫した感じになります。

 

 今回の記事は以上になります。もしよろしければ他の記事もご閲覧お願い致します。

 最後までご愛読、どうもありがとうございました。また次回もよろしくお願いします。

うらみちお兄さんはサラリーマンの本音を映し出したキャラクター

 どうも。takaです。今回はpixivコミックで人気がある「うらみちお兄さん」についての記事を書いていきます。


うらみちお兄さん コミック 1-3巻セット

ストーリー

 実際に教育テレビで放送されている「おかあさんといっしょ」と似ている教育番組で体操のお兄さんを務める表田裏道は、カメラの前ではいつもニッコリ。しかし、カメラが回っていない所だと、笑顔が無くなり、仕事のストレスで疲れた本音の顔が出てきます……

この漫画にはサラリーマンの本音が出ている

 サラリーマンというと、朝が来ると「来てしまった……」と落ち込み、お金の為に頭に来ても頭を下げたり、残業をしたり、諦めたくても終わらせてもらえないなど、自分が望んでいる生活でもないことを生活のためにやっている、やらされているというマイナスな感じに捉えられている所があります。

 望んでいないことをもっと言うと、参加したくないのに無理矢理参加させられる飲み会、慰安旅行、真冬なのに真夏の格好をして撮影など……

 けれども、自分の生活がかかっているから「嫌だ」「やりたくない」とも言えず、手を抜くわけにもいかず、結局文句を言うことはあれど真面目にこなす。

 この漫画の中にはサラリーマンが共感出来る台詞が多く、疲れているサラリーマンにお勧めです。

社交辞令の理由が分かる

 作中で、一人の子供がみんなと遊ぶのを拒むシーンがあります。うらみちお兄さんは彼を説得しようとするために、「お兄さんもね、全然やる気出ない日ってごく頻繁にあるけど、放っておいてもらえない。それはみんながお兄さんのことを好きだからじゃなくてね、誰か一人が輪を乱すと業務を滞りなく進めることができなくなるからなんだ。明日を生きていくために、そしてできるだけ早く家に帰れるように、ここにいるみんなもこれから協調性を身につけていくんだよ。放っておいてもらえるってすごく幸せなことだったんだなって思う日が必ず来るよ」と言い、その子供は言葉にビビって輪の中に入ろうとしました。

 この言葉から、人はなぜ社交辞令をするのかが分かります。それは、自分に面倒事が降りかからないようにするためです。私は中学の頃他人に面と向かって悪口を言われたのですが、歳を重ねていくごとに言われなくなり、なぜか穏やかに接してくるようになりました。自分はてっきり嫌われる人間じゃなくなったのかと思っていたのですが、ただ単に空気を悪くして厄介事にならないようにするためだったのかと思います。

 「今度飲みに行こう」なんて言われても全然誘って来ないし、もしかしたら成人したての頃に偶然幼稚園の園長に会って、「今度来て欲しい」と言われて本当に行ったのですが、「本当に来たよこの人……」なんて思っていたのかなと感じます。

 人付き合いをするのであれば、本音を隠さず話せる間柄になりたいです。ハッキリ言われる悪口も、陰で言われる悪口も、受ける傷の度合いは同じだし、違うのは悪口を言っているのを知っているか知らないかだけ。職場のコミュニケーションから、どれも社交辞令なんじゃないかと疑って、もう人間不信になりそう……

 

 今回の記事は以上になります。もしよろしければ他の記事もご閲覧お願い致します。

 最後までご愛読、どうもありがとうございました。また次回もよろしくお願いします。

【読書効果】大人の読書に効果的なのは、「速読」より「遅読」

 どうも。takaです。今回の記事では、適菜収氏の「遅読術」について書いていきます。


遅読術 (ベスト新書)

本の内容

 多くの本、情報があふれている今の時代、大事なのはとにかく大量に情報を浴びることではなく、質の良いものを選ぶこと。この本では、知識、情報を多く集めることに対して異を唱えています。ある程度年齢に脂がのった大人向けの本です。

読む本は選ぶ

 読む本を選ぶことは重要です。限られた時間の中で世界中の本を全て読むなんてことは無理ですし、売っている本は必ずしも良い本という訳ではありません。Amazonのレビューを見れば感じると思いますが、全ての本が良い評価をされている訳ではなく、中には低い評価のものもあります。質の低い本を選ぶと、得られるものも、特に無いし、お金と時間を無駄に使うだけで終わってしまいます。なので、何も考えず、新しく発売された本だからとポンポン選んで買うという行動はお勧め出来ません。

読書は食事と同じ

 読書は、本を読んで書いた人の倫理観、小説だったら世界観を堪能するもの。食事でも味から文化等を堪能することが出来るように、食事と同じです。

 食事を本の読み方に例えると、速読であるならば、安い食べ物をサッサと食べてしまうことで、遅読は高い食べ物をじっくり味わう。といった感じです。

 高級な料理というのは、ただ美味しいだけでなく、料理から様々なことを学ぶことが出来ます。本も同じです。質の良い本は、じっくり読むことでそこから大きなことを学べる。

古典を読む

 では、何を読むべきか?それは、古典を読むことです。古典は、何百年も前から今に至るまで読まれ続けているものです。どんなものでも、世間から評価されなければ認知されることはありません。そんな中で古典は、今でもなお書店で売られております。これが良書であるという何よりの証拠です。古典というのは、いわば高級料理なのです。

 なので、本を読むことで自分を高めていきたいと思うのであれば、古典をじっくり読み、読み返すことが重要です。古典は文章が難しくてなかなか理解出来るようにはならないと思いますが、すぐに理解したいと思わず、分かるようになるのをじっと待って下さい。

 「古い」というのは敬遠する理由にはなりません。どんなに古くても良いものは良いということに変わりはないので、本に限らず、音楽等も触れてみると良いと思います。

 

 今回の記事は以上になります。もしよろしければ他の記事もご閲覧お願い致します。

 最後までご愛読、どうもありがとうございました。また次回もよろしくお願いします。