本が友達の大人の読書感想文

自分がこれまで読んで気に入った本。漫画、小説、ビジネス書、ジャンル問わず紹介致します!!

大御所、野村克也氏が斬る!!現在のプロ野球界の様子が書かれた本

 どうも。takaです。今回の記事では、野村克也氏の「プロ野球 堕落論」(宝島社新書)について話していきたいと思います。

 


プロ野球 堕落論 (宝島社新書)

 

本の内容

 高校卒業後から今まで野球界に携わってきた野村克也氏が、2019年のペナントレースの状況等も踏まえてそれぞれの球団、特に巨人のこういう所が良くない。その他にも、現在のプロ野球のシステムについて指摘していきます。

結果を出すには時間がかかる

 球団が早急に結果を求める傾向が強くなったのか、現在の監督は、結果が出なければ1,2年で交代することも珍しくありません。なので、自分の立場が危うくなるので急いで結果を出そうとするのですが、まだまだ未熟な人達がいきなり大成するなんていうことはないので、時間をかけて育成するということが必要になってきます。過去にも強いチームは長期に渡って同じ人が監督を務めています。これは会社でまだまだ知識や経験が不足している人がいきなり仕事が出来るようになるなんていうことは考えられないので同じように考えてみると分かりやすいと思います。

 

プロ野球選手はプレーで魅せる

 プロ野球選手は派手な髪形やネックレスといったもので目立とうとするのではなく、野球のプレーでファンを魅了すべきだとおっしゃっています。これは他のスポーツでも一緒ですね。

 プロ野球選手は芸能人みたいにトークや外見はあまり必要ではなく、一番重要なのは野球のプレーぶりです。野球で結果を残していけば、応援してくれるファンも増えて人気も上がっていきますし、逆に結果を残せなければ将来強制的にユニフォームを脱がされることになり、失業者になってしまい、収入が減ることによって税金の問題等も出てくるので、苦しい状況に陥って痛い目を見ることになるぞと伝えているのだと思います。

 シーズンオフにテレビに出ている人も結果を出している人達ばかりなので、結果を出せば人生良い方向に向かっていくと感じます。

 

考えるクセが無いといけない

 プロ野球選手は、ただ打つだけという考えでなく、己を知り、相手のことを考えてプレーすることによって結果を出すことが出来る確率が高まると常々おっしゃっていますが、これは一般社会でも同じことが言えると思います。自分の立場を知り、仕事について考える時間というものは必要になってくる。だから本を読むことで自分の言葉を持ったり、人の考えを取り入れるということが出来るので本を読むことは人生において推奨されるのだと思います。

 

 以上です。

 

 よろしければこちらの記事も↓

 

www.kamikouchi.biz

 

 

www.kamikouchi.biz

 

 

www.kamikouchi.biz

 

 

www.kamikouchi.biz

 

 

www.kamikouchi.biz

 

ジャニーズのタレントはどのようなプロセスを経てブレイクしたのか?

 どうも。takaです。今回の記事では、新潮新書の「ジャニーズは努力が9割」について話していきます。

 


ジャニーズは努力が9割(新潮新書)

 

本の内容

 ジャニーズといえばSMAPや嵐といった国民的人気を誇るグループを輩出し、多くの人が入りたいと憧れます。私自身も中学2年の頃テレビでSMAPが世界に一つだけの花を歌っているのを観て見惚れ、「自分もジャニーズに入ってSMAPみたいになりたい」と思ってジャニーズ事務所に履歴書を送りました。その結果、落ちた上に周りに笑われました……

 この本では、これまでにジャニーズ事務所に入所してブレイクし、人気タレントになった人たちがこれまでどのようなことを考え、仕事に取り組んできたのかについて書かれています。

 

見えない所で努力している

 テレビを観ていると、ジャニーズのタレントは、何でも出来るというようなイメージを持つことがありますが、その裏では出来るようになるまで何回も繰り返したり、共演する人のことについて事前に調べ、どのような話をするか事前に決める等、ものすごい準備、努力をしています。

 プロ野球界でも、ミスタープロ野球こと長嶋茂雄氏は天才と呼ばれていましたが、陰では猛練習をしており、868本というプロ野球歴代一位の通算本塁打数を記録した王貞治氏も夜に遊んだ後に練習に行っていたというエピソードがあります。イチロー氏も小さい頃からほとんどの時間を野球の練習に費やし、プロに入っても周りが根を上げるような練習をずっとしてきました。

 芸能界も同じで、他の人より頭一つ飛び抜けた存在になるためには、誰にも負けない努力が必要なんだと分かります。

 

ジャニーズの世界は過酷

 ジャニーズに憧れる人は多いですが、もし入ることが出来たとしても、過酷な毎日を送ることになります。

 例えば、時間にも余裕が無いにも関わらず、急にダンスの振り付けが変わったことで、新しく覚えなければならなくなったとしても、覚えなければいけません。なぜなら、「無理です」と言った瞬間、他の人に取って変えられてしまうからです。ものすごい多い数なので、自分の代わりはいくらでもいる。なのでデビューをしてお金や人気を手に入れるためには、覚悟が必要なのです。

 

 この本は、今や大人気となっているジャニーズタレントの下積み時代等を知りたいと思っている人にお勧めです。この本を読むと努力しようという気持ちが出ます。


ジャニーズは努力が9割(新潮新書)

 

よろしければこちらの記事も↓

 

www.kamikouchi.biz

 

 

www.kamikouchi.biz

 

 

www.kamikouchi.biz

 

勉強法の本の中で間違ったやり方が書かれていて参考するのにお勧め

 どうも。takaです。今回の記事では、ベストセラー作家石井貴士氏の「やってはいけない勉強法」について書いていきます。

 


やってはいけない勉強法

本の内容

 この本では、勉強法が書かれている本の中で、「やってはいけない取り組み方」について書かれている本です。「こういった勉強法が効率良い」と書かれている本は結構みかけますけど、こちらは「この勉強のやり方は間違っている」という所に重点を置いています。間違ったやり方を認識することでも改善につながるので、努力していても成果が出ないという人、やり方が分からなくて迷っている人にお勧めです。

小事が大事を生む

 勉強で成果を上げるためには自分の今の実力を把握して取り組むことを決めるのはもちろんのこと、普段の生活習慣、取り組む時の気持ちといったことに左右されます。

 東大生の受験話では、「徹夜はしないで睡眠時間を多く摂る」「模擬試験の成績が悪くても本番まで時間があるから大丈夫」「どんどん覚えていくことで自分のステータスが上がって気持ちよくなってモチベーションが上がる」「電車に乗っている空き時間に暗記項目をやり、時間が多く取れる時は問題演習に取り組む」等、体調管理、時間の使い方に拘ります。特に睡眠は学習効果を高めるので疎る間を惜しんで勉強すると逆に効果が悪いのです。皆さんも仕事でも、寝るのが遅くなると次の日眠くて通勤時に寝たり、オフィスでも終始眠くて頭が回らず、なかなか捗らないといったことがあるのではないでしょうか?

 このように、勉強をして効果を高めるには、自分の机に向かっている時だけでなく、外出時、体調にも細かく目を配る必要があるのです。

何でも一度にいっぺんに覚えることは出来ない

 この本を読んで感じることは、勉強に関してもですが、自分の好きなことに関してもすぐに出来るようになった訳ではないということが思い浮かべることが出来ます。誰もが好きなことでも初めは上手く出来ず、上手くなりたいと思って何度も取り組んだ結果、出来るようになったと思います。

 最初の段階から上手く出来る人間はいない。出来る人は多くの時間を費やし、何度も繰り返し取り組んでいたから出来るということを認識する。そう考えると、自分は他人に比べて能力が劣っている等の劣等感を抱きません。なので、脳にプレッシャーをかけず、気分をリラックスさせて取り組むのが良いです。

 

  以上になります。

 


やってはいけない勉強法

 よろしければこちらの記事も↓

 

www.kamikouchi.biz

 

 

www.kamikouchi.biz

 

 

www.kamikouchi.biz

 

 

www.kamikouchi.biz

 

ひろゆき氏が伝える他人に振り回されない一人勝ちメンタル術

 どうも。takaです。今回の記事では、ひろゆき氏の「自分は自分、バカはバカ。他人に振り回されない一人勝ちメンタル術」についての感想を書いていきます。


自分は自分、バカはバカ。 他人に振り回されない一人勝ちメンタル術

本の内容

 仕事や学校において、他人と関わることは避けることが出来ず、たとえ一人が好きであったとしても、友達とずっと一緒にいたいと思っても、時に自分が苦手だったり憎いと思った相手と関わる機会も出てきます。例えば学校だと、ghfby_}くじ引きで修学旅行の班決めをした結果そうなることがあります。

 この本では、そういった人達と険悪な関係にならない、ストレスを溜めないようにするための方法等が書かれています。

 

嫌なものははっきり断る

 会社を辞めたいと思っている人の理由の大半は「人間関係」。人間関係が良ければ出社するのも苦しくなく、待遇面もある程度は妥協できます。

 しかし、どこの世界にも嫌な人は出て来ます。例えば上司が嫌な人であれば今後も一緒に仕事をしていく訳なのでストレスが溜まります。

 かといって本人に嫌われても困る。だから上司の言うことは素直に従って行動する。言われるままに働き、残業を要求されれば応える。

 その結果自分の給料が上がったり、信頼を得て重要な仕事を任せてもらえるようになるのであれば良いのですが、「絶対断らないから便利な人間」と思われてしまうこともあります。なので何でも引き受けるのは良くないです。先輩や同僚といった自分を評価する人ではない人の頼みであれば、はっきり断っても大きな影響はありませんし、むしろ上司や先輩といった自分より多くの情報を持っている人達を自分の仕事を果たすために利用しようと思って取り組むと良いです。

他人は自分でコントロール出来ないということを認識する

 自分がいくら人に好かれたいと思っても、自分の事が好きになるか、嫌いになるかは他人が決めることで、自分ではどうにも出来ません。

 なので、他人に好かれたい。という願望は持たない方が良いです。好かれたいと思うと、好かれたい相手に好かれるように努力してしまい、それが効果が無いと感じると、「自分はこんなに気を遣っているんだから振り向け」と段々押しつけがましい感じになっていきます。周りの人間関係というのは環境が変わってしまえば変わる流動的なものです。仕事場を離れたらこれまで一緒に仕事をしてきた人とは自然にもう会わなくなる。会社に家族意識を持たず、人間関係はドライなものと割り切って行動する方が結果的にストレスも溜まらないのです。

 

自分に関係無いことは気にしない

 今の社会ではネットで話題になっているニュースについてコメントすることが出来たり、SNSで炎上した話題に食いつくといったことも出来ます。

 しかし、自分に関係無いこと、どうにも出来ないと思ったことに関しては、気にしないのが良いです。それは余計にストレスを抱えるだけです。

 例えば国の情勢、外交関係を知った所で自分に何が出来るのか?権力を持っていない人間は何も出来ず、ただ傍観するだけです。

 そういった心配をしているのであれば、その分自分の身の回りの心配をすべきです。人間、朝昼晩しっかり食事を摂ることができ、洗濯、趣味、入浴が出来れば困ることはありません。そういった生活が続けられるように生きていく。ごく普通だと思いますが、それが気持ち良い生き方だと思います。

 

以上です。

 


自分は自分、バカはバカ。 他人に振り回されない一人勝ちメンタル術

 

よろしければこちらの記事も↓

 

www.kamikouchi.biz

 

 

www.kamikouchi.biz

 

 

www.kamikouchi.biz