本が友達の大人の読書感想文

自分がこれまで読んで気に入った本。漫画、小説、ビジネス書、ジャンル問わず紹介致します!!

【書評】イリュージョン

イリュージョン 最終版 マジシャン (角川文庫)

 

ストーリー

 この作品では、「マジシャン」に引き続き、桝城刑事とマジシャンの里見沙希が出てきますが、もう一人の主人公として、椎橋彬という人物が登場します。そして、この作品の大半は彼を中心とした話です。

 彼は、紙芝居を作るのが仕事だと言って全くお金を稼げていないロクでない父親と働いてはいるけど、盗みを働いていたり、借金を抱えていた母親がいます。

 15歳の頃、彼はこれまで養ってかかったお金を返すようせがんでくる母を見て、こんなひどい言葉を言う親とはもう一緒に暮らせないと、家を飛び出します。

 そして、ラーメン屋のテレビを観た時に万引き犯を取り締まる万引きGメンという職業に目を付け、身分、年齢を偽って警備会社でアルバイトとして働き始めます。

成金

 彼の特技はマジックで、学校ではクラスで権力を持っている生徒の機嫌を取ろうと出まかせを言っていたり、マジックを披露したりしていました。

 その経験で培ったことを活かして万引き犯を捕らえたことで、クライアントから信用を勝ち取り、万引きGメンとして働くようになりました。

 次第に名前が広がっていき、指名で駆り出されるようになっていきます。

 しかし、万引き犯を取り締まると同時に、彼自身も店の商品を万引きし、それを売っての繰り返しでどんどんお金を稼いでいき、生活基盤が安定していきます。

 しかも、彼をすっかり信用してしまったクライアントは実は彼がいない時の方が被害が少ないということに気付いていません。この現象はまさに本のタイトル通り、イリュージョンです。

 会社内でも出世し、講演依頼もバンバンくるようになり、万引きをしなくても大きいお金が手に入っていきます。

 その結果、彼は最初は住む所も食べる物もままならない状況であったにもかかわらず、当分の暮らしには困らないほどのお金が手に入ります。どん底から這い上がる。サクセスストーリーです。

読んでいてスリルがあった

 そんな彼をまだ未成年の状態で更生させるために桝城刑事が捕まえるべく動きます。

 自分がこれまで読んだミステリー系は刑事視点でストーリーを見るから警察官になった気分で読んでいるのですが、この作品は彼の視点で物語が進むから、自分が警察から逃げ回っているような感じがして面白かったです(もちろんフィクションだからそういう風に思っているのですが)。

 

 この作品は「マジシャン」を読んでから読むと良いです。

www.kamikouchi.biz

「書評」冷たい密室と博士たち

 どうも。takaです。今回はこちら、「冷たい密室と博士たち」について書いていきます。


冷たい密室と博士たち DOCTORS IN ISOLATED ROOM S&Mシリーズ (講談社文庫)

 

内容

 理系作家、森博嗣氏の作品で、大学助教授の犀川創平、女子大生の西之園萌絵の2人のコンビが数々の事件に挑むミステリー小説、S/Mシリーズの2作目です。

 今回の話は低温度実験室で起きた事件です。

 

人生楽しんだもの勝ち

 作中で、犀川助教授が萌絵に「面白ければ良いんだ。面白ければ、無駄遣いではない。子供の砂遊びと同じだよ。面白くなかったら、誰が研究なんてするもんか」と言うシーンがあります。

 

 これが物事に取り組む純粋な理由です。

 

 ビジネス書やブログ、YouTubeでも「自分のやることは何でもお金にしなければダメ」というイメージが出てきますが、決してそんなことは無く、一番大事なのは自分の欲求を満たすことだと思うのです。

 

 YouTubeでも自分の好きなこと、言いたいことを発信している人の方が登録者数が多いと思いますし、ビジネスに関しても、ビル・ゲイツは好きなことに没頭していたことが結果に結び着いたと思います。

 

 なので、「プログラミングが出来れば稼げるようになる」等という声に踊らされてプログラミングスクールに通ったとしても、プログラミングがすごい出来るようになるかと言えば、無理だと思います。

 

 「やらなければいけない」といった気持ちだとプレッシャーがかかってそれが心の負荷につながるので長続きすることは難しく、他にも才能といった要素があるので、人と同じことをすれば上手くいくとは限りません。他の人に比べて優秀でなければいけないのです。

 しかもIT業界は実務経験が大事で、プログラミングスクールで学習したとしても、信頼は低いのです。むしろ未経験者が溢れかえっているという状況になっています。

 

 

 そこで、そのような人達は仕事は適度に、プライベート、趣味を中心にしてゆる~く生きる方が向いているんじゃないかって思います。

 

 別に大金が得られなければいけないっていう訳でもないし、仕事で成功を収めないと刑務所に入れられる訳でも、死ぬ訳でもないのだから、一度自分の心と向き合って、自分にとっての幸せは何か考えてみると良いです。

 仕事のことは忘れて旅行に行ってみるのも良いです。

 

 そういった生き方を楽しんでいる人もいるのだから、安心してもっと気楽に生きましょう。

【書評】野球人

 どうも。takaです。今回は、落合博満氏の「野球人」についての感想です。


野球人

落合氏の晩年の様子が描かれている

 この本を読んだのは、勉強のために図書館に行った時でした。その時息抜きにちょっと本を読んでみようと思い、本棚を見て回りました。

 それまで本を読むと言ったら漫画か童話本、児童書で、活字だけの本は小学生の頃、図書室で歴史人物についての本をちょっと読んだことはありましたので全く読んでいない訳ではなかったのですが、高校の時は読んでみようと父の持っている本の中から一冊抜き出して読んでみたら内容が全く分からず、途中で挫折しました。

 そんな中、スポーツの本がある所に来て、落合さんが好きなこともあってこの本が目に留まりました。活字だけだけど、プロ野球関連なら内容が分かるかな。そして落合さんのことも知ることが出来るので一石二鳥と思い、手に取って席で読んでみました。

 

マスコミ嫌いなのに

 日本ハム時代の落合さんは、キャンプの時、取材陣に自ら歩み寄ってチームについて話していたそうです。後に中日の監督になった時は一言で終わるなんてことが多かったし、選手時代もマスコミに対して厳しかったと聞いていたのでこれには驚きました。

引退のきっかけ

 落合さんが日本ハムに在籍していた頃、私もこの世に存在していたのですが、その頃は野球の存在すら知りませんでした。なので当時の落合さんの現役の頃の姿はテレビでも見ませんでした(当時はパリーグは今に比べると露出度が低かったので野球を知っていても気付かなかった可能性もありますが)。

 PSソフトの「実況パワフルプロ野球99開幕版」に98年のスコアテーブルがあって、そこで98年の落合さんの成績を見たのですが、打率が2割3分5厘で、ホームランが2本。という成績でした。出場試合数も前半は出ていましたけど、後半になるにつれてベンチで体を温めることが多くなっていってました。

 昨年の97年は規定打席に到達しながらも、打率は2割6分2厘、ホームラン3本、打点43で、これも巨人時代の最後の成績を比べると大分落ちています。衰えなのか、96年に受けた死球の影響で手首が悪くなったのか、落合さんもこのことに関して言及していますが、受け入れなければならないと認めています。

 落合さんは途中交代させられることがあり、そのことで、「自分はなぜこのチームに入ったのか?」「柱になると思って自分を獲ったのではないのか?」と采配に疑問を持つようになっていたそうです。

 そして現役の晩年、チームは前半勝ちを重ね、このまま優勝かと思いきや、後半に入ると負けが込み、それに伴ってチームの雰囲気も悪くなります。そこで落合さんは主力選手に頼んで選手全員を集め、「誰かのためではなく、自分のために優勝しよう。そうすれば今後自分達の野球人生で役に立つ」と言って流れを変えようとしますが、結果的に西武に抜かれて優勝されてしまい、息子に野球を辞めて良いか言ったそうです。

中日時代のタイトル争い

 この本の後半部分は、ロッテ時代、中日時代、巨人時代のプレーについて書かれています。特にこの中でも中日時代が印象的でした。中日時代は三冠王を獲るため、ヤクルトの古田選手、池山選手、広沢選手とそれぞれ打率、本塁打、打点を争っていました。ここを読んで三冠王を獲るには運の要素が必要だと感じました。それは、打点を稼ぐには、ランナーがいればヒットでも稼ぐことができ、まして満塁ホームランでも打てば一気に4も稼ぐことが出来ますが、ランナーがいない場合はホームランを打つしかなく、打点も1しか稼げません。

 落合さんは自分の前を打つバッターの調子が悪かったため、打点が稼ぎにくく、打点を稼ぐために打率を少し下げてホームラン狙いでいったそうです。そんな計算をしながらプレーしていたのかと戦略的に野球をすることを知らなかったので驚きました。

監督になったら

 最後には、もし自分が監督になったらどういった野球をするのかが書いてあります(後に現実になるのですが)。

 内容は、中日の監督時代の戦い方とほぼ同じ内容でした。そして、今読み直して考えると野村克也さんと似ているように思いました。

活字の本を読むことが好きになった

 この本を読んだことで、本を読むことに少しですが慣れました。活字の本をほとんど読んでいなかったもので。そして活字のある本を読んでいこうという気になりました。この本に出会えたことで本を読むということを意識するようになりました。本当に感謝しています。

 

色々な漫画を読んでいくことで好きなこと、やりたいことが見つかる

 どうも。takaです。 今回は、こちらの本、「面白い生き方をしたかったので仕方なくマンガを1000冊読んで考えた→そしたら人生観変わった」を読んで思ったことについてお話します。


面白い生き方をしたかったので仕方なくマンガを1000冊読んで考えた →そしたら人生観変わった

 

 

内容

 ホリエモンが面白い生き方をするべく、色々な漫画を読んで、読んだ漫画の内容の説明やその作品を読んで思ったこと、また、紹介する漫画がどのようにして書かれていたのか、制作過程といった裏話についても書かれています。

漫画は自分の「夢」や「目標」を見つけるきっかけを見つけるためにはお勧め

 漫画は、読者に職業や生き方に憧れを抱かせてくれます。読者に格好良く見せたりして「自分も将来この職業に就きたい」「自分もこんなことをしてみたい」と思わせるように描いています。

 漫画だけでなく、ドラマでも「ロングバケーション」「HERO」のキムタクを観てピアノを習い始めた人が増えたり、司法試験の受験者が増えるなどの影響が出ています。

 ホリエモンは常々「これからは好きなことを仕事にしていく時代」だと言っています。漫画は好きなこと、憧れることを見つけるための手段としてとても良いツールです。

フィクションは100%の現実の世界を表すことは難しい

 とはいえ、過度な希望は持ったらマズイと思います。

 漫画を描いている人は大体作品に出てくる職業のプロというわけではなく、取材やその職業、歴史について調べたりして作成したものです。

 だから天才科学者とか出て、そうなりたいと思っても実際そんなのになるにはものすごい才能、努力、運、時間が必要なので再現するのは難しいです。

 「闇金ウシジマくん」の作者は実際闇金業者に取材をしてリアルに近い感じで作成していたり、実際SEの職業に就いている人がSEの仕事現場の様子を描くなど、リアリティのある世界を意識した作品はありますけど、基本的に漫画はフィクションであり、現実では起こりっこないと思って読むのが良いと思います。

 モブ系男子がふとしたことがきっかけで多くの美女達に囲まれるハーレム展開なんて起こる確率は極端に低いし、自分の周りの環境なんて自分から動かなければ変わらない。

 現実では両想いのカップルが最終的に結婚してめでたしめでたし・・で終わらず、この先もずっと人生は続き、もしかしたら離婚するかもしれない。「名探偵コナン」みたいに民間人が当たり前のように殺人現場に入ることなんて出来ない。

 雷人間になって雷みたいな速さで動いたり、雷を落とすなんてことも出来ません。

 私は小学生の頃、コロコロコミックで連載されていた「ドラベース」を読んで、「Wボール」は本当に投げられると思ってそうなるように練習してみましたけど、無理でした。高校1年の頃は「テニスの王子様」に夢中になって、物語が進むにつれて「氷の世界」「羆落とし」「つばめ返し」など色々すごい技が出てきて、その中で「手塚ゾーン」は本当に出来るのかどうか質問したのですが、「はぁ?お前何言ってんの?バカなの?」というような目で見られました。

 上記で漫画は好きなことを見つけ、やりたいという気持ちになるための手段だと書きましたが、漫画を読んで目標にするものを見つけたのであれば、漫画を読んだ後で実際はどんなものなのか色々調べて、その上でやってみたい。という気持ちが消えなければ良いのかな?と思います。

 漫画では実際には出来ないだろと思う所が多いですが、実際に可能な部分の中で楽しいと思う要素も見つかったりすると思います。

 野球も魔球が投げられなくても楽しいと思う要素はいっぱいありますので。私はそうすれば良かったと思いました。そうすれば「手塚ゾーンは本当に出来るのか?」なんて質問しなかったのに。