本が友達の大人の読書感想文

自分がこれまで読んで気に入った本。漫画、小説、ビジネス書、ジャンル問わず紹介致します!!

【書評】きみがいれば空はただ青く

 どうも。takaです。今回の記事では、スターツ出版文庫の「きみがいれば空はただ青く」について書いていきます。

 


きみがいれば、空はただ青く (スターツ出版文庫)

 

ストーリー

 主人公のあおは、手術の後遺症でそれまでの記憶を無くし、以前の自分は母や親友とどのように接していたのかが思い出せず、記憶が無くなる以前の自分でないことが二人を苦しめているのではないかと思い、そのことで罪悪感を抱き、無くした記憶を取り戻そうと色々試してみたりします。

 そんな状況が続いたある日、謎の少年・颯と出会い、話しているうちに気持ちが楽になり、彼に自分の現状を話します。そして彼からアドバイスをもらい、あおは自分の現状を受け入れ、心のわだかまりを無くし、次第に過去の自分を取り戻そうとするのではなく、新しい自分としてこれから先の人生を生きるべく行動していきます。

自分に優しくしてくれる人を大切に

 この作品の魅力はまず記憶を無くした人視点で読めるのが新鮮です。そのお陰で読んでいると記憶を無くした人の気持ちになって読むことが出来ます。そして、次の魅力は、アニメや漫画の記憶喪失ものの話だと、頭に何かぶつけるなど、ふとしたことで最終的に記憶が戻るという展開なのですが、この作品にはそれがありません。

 この作品の主なテーマは、自分が困って悩んでいる時に背中を押してくれる人の大事さなのだと思います。

 何か思い悩むことがあって一人で何か抱えていても、良いことは思い浮かばずただ辛くなるだけでただただ時間が過ぎていく。しかし、自分の背中を押してくれる人がいれば、孤独感が無くなって心が楽になって今の状況を受け入れ、前を向いて生きていく気力が湧いてくる。それに伴って生きていることに充実感が増してくる。この本はそのことを教えてくれます。

 あおも颯が背中を押してくれて心が楽になったから自分の心と向き合う勇気が生まれ、母と親友に自分の本音を話そうとする気持ちになりました。

失ったものは仕方が無い。だから受け入れることが大事

 母も親友もあおに過去の話はしますが、二人共あおに記憶を取り戻して欲しいと迫って来ない所が「これまでのあなたが戻って来なくてもいいよ」という意思が伝わってきてまた前向き感が出しています。

 どんなに後悔しても、失ったものは戻って来ない。そこでいつ出てくるかも分からない失ったものに固執していくよりも、固執することをやめることで新しく気持ちをリセットした方がポジティブです。どちらを選ぶかで保守的か、挑戦的なのかが分かる所ですね。

 

 本当に読んで感動した本です。真っ暗で目の前が何も見えなくて寂しかったり、悲しかったりした時に読んでみると特に泣けると思います。

 

 
きみがいれば、空はただ青く (スターツ出版文庫)

【書評】22年目の告白

 どうも。takaです。今回はこちら、浜口倫太郎氏の「22年目の告白-私が殺人犯です-」についての感想です。

 


22年目の告白-私が殺人犯です- (講談社文庫)

本の概要

 2017年に公開された藤原竜也伊藤英明が出演した映画、「22年目の告白」を小説版にした作品です。

 1995年、阪神淡路大震災地下鉄サリン事件が起こる中、1月4日から4月27日にかけて東京で5件の絞殺事件が起こりました。しかも、その手口はかなり特殊で、二人のうち一人をロープで縛り、もう一人をロープで縛られた人の前で絞殺するというものでした。しかも夫婦など、自分の分身とも言える存在である人をです。

 そしてその犯人は捕まらないまま、この事件は2010年4月28日の0時をもって時効を迎えました。警察はもう犯人を見つけても逮捕、起訴が出来なくなってしまいました。

 しかし、事件から22年後の2017年、突如曾根崎雅人という謎の美形男性が、突如メディアの前に現れ、自分がこの事件の犯人であると名乗り出ました。そして曾根崎は、この事件の告白本を書き、それを宣伝して売ります。

 この状況に国民、特に女性は曾根崎の美貌に見惚れたのか、「ソネ様」と呼ぶようになり、告白本を購入していきます。中には親にソネ様の本が読みたいと言ったら喜んでお金をくれるなんていう状況にもなりました。その影響で、告白本はものすごい勢いで売れていきます。

 もちろん、中にはそんなこと許されないなんて考える人もいて、曾根崎に対して罵る人もいました。

 そんな中、当時この事件の捜査に当たっていた刑事、牧村航は、メディアに現れたことによって犯人が分かり、時効が過ぎても大切な人が自分の目の前で殺された光景が脳裏にちらつき、今もなおその傷が痛み、無念を晴らすために復讐に乗り出す被害者遺族から犯罪を犯した者を守るという何ともやりたくないことをやることになります。

 牧村は当時、犯人をあと一歩まで追い詰めたのですが、逃げられてしまいます。そしてその時肩を撃たれた恨みから、犯人は牧村の自宅に罠を仕掛けます。それを知った牧村は自宅に急行するのですが、一緒に捜査に当たっていた先輩の刑事が罠にかかり、牧村の目の前で息絶えてしまいました。なので牧村自身も犯人に対する憎しみは強いです。

法律か道徳か

  作中で曾根崎は、「殺人を犯した人であっても人権はある。だから本を出しても法的には問題無い」という様子で、周りに叩かれたり、遺族に復讐される可能性があるにも関わらずメディアに現れ、告白本のサイン会までやりました。

 法律上問題無いと言われれば、確かにそうなのだと思うのですが、道徳的には良くないことです。なのでこの本を読んでいる時は自分でもこれは良いのか悪いのか分からなくなりました。イケメンだから許されているだけなのか?叩く人はなぜ叩くのか?それはコイツだけが刑罰を受けないなんてズルいなんていう思考が働いているのではないか?では刑罰を受けたらこの行為は許されるのか?いや、許されないと思う。殺人はもう取返しがつかないから罪の償いようが無いなんていうことを考え、頭が混乱しました。支持している人が作中にいるからなんだと思いますけど。

 この作品は、犯罪を犯した人について考えさせられる本だと思います。殺人を犯したとしても、法律が起訴出来ないと定めたら手を出すことも出来ない。だから世間もそれを受け入れるしかない。何とも複雑な気持ちですね。

 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【書評】オズの魔法使い

 どうも。takaです。今回は「オズの魔法使い」についてお話致します。

 

私がオズの魔法使いに興味を持ったのは、こちらの英語版を購入したのがきっかけです。

 


オズの魔法使い―The wizard of Oz 【講談社英語文庫】

 

まず洋書で

 この本は、英語だったので日本語で読んだことが無い自分にとっては読むのが難しかったです。サイクロンが起こって家が飛ばされたのかな?までは行けたのですが。

 

そこで、まずはストーリー内容を日本語で理解しようと日本語版の本を購入して読みました。

 


オズのまほうつかい (10歳までに読みたい世界名作)

 

ストーリー

 このお話は、カンザスに住んでいた少女のドロシーがある日竜巻に巻き込まれて、犬のトトと一緒にオズの国に飛ばされてきて、カンザスに帰るために願い事を叶えてくれるというエメラルドの国にいるオズ大王のいるエメラルドの国を目指します。その旅の途中でかかしとブリキの木こり、ライオンと出会って、かかしは脳みそが欲しい。木こりは心臓が欲しい。ライオンは勇気が欲しいという願いがあり、それぞれの目的を果たすために再びエメラルドの国を目指します。

 そして、エメラルドの国に着くと、オズ大王から悪い魔法使いを倒してくれたら願いを叶えてもらう約束をしてもらい、4人で魔法使いを退治する旅に出るというお話です。

ドロシーのブレない願いが良かった

私が特に魅力的に感じた部分は、無事魔法使いも退治して、ドロシーはカンザスに帰るために気球を作ってもらったのですが、乗り遅れてしまい、カンザスに帰る手段が無くなった後の所です。

 

 カンザスに帰る手段を無くして途方に暮れていたドロシーに、木こりは、もしよければこの国でみんなで一緒に暮らすのはどうかと提案します。

 しかし、ドロシーは、「みんなのことは好きだけど、私はカンザスに戻っておじとおばと暮らしたい」とそれを断ります。

 私はこのドロシーの言葉に驚きました。現状手段が無いにもかかわらず、まだ自分の願いを諦めていないこの姿勢、どうしてもカンザスに帰りたいという意思に感動しました。

 

 もし、ドロシーが木こりの提案を受けてオズの国でみんなと幸せに暮らしましたなんて展開になっていたら、「その程度の意志だったのか」「仲良しENDか」と感じると思うのでこの物語は好きになることは出来なかったと思います。

 

 それくらいこのシーンはこの作品の分岐点となり、インパクトがありました。

【書評】中居正広×木村拓哉 それぞれの理由

 どうも。takaです。今回はこちら、「中居正広×木村拓哉 それぞれの理由」についての感想を書きました。

 

 

内容

 2016年末をもって解散したアイドルグループ、SMAPのメンバーだった5人に関する内容です。

 販売された時期としては、3人がジャニーズ事務所を辞めた後です。

 

SMAPの個性

 私は、中学2年生の頃に「Triangle」を聴いて、BGMにハマって歌詞を見ないで歌えるようになるまで歌いました。人前でも披露したことがあります。かなり恥ずかしかったですが。

 それから、アルバムも買って聴いているうちに他の曲にも興味を持って「心の鏡」「青いイナズマ」「SHAKE」「ダイナマイト」「セロリ」「夜空ノムコウ」「Let It Be」「らいおんハート」「オレンジ」「freebird」「世界に一つだけの花」「BANG!  BANG! バカンス!」「Dear WOMAN」「ありがとう」「弾丸ファイター」「そのまま」「この瞬間、きっと夢じゃない」「はじまりのうた」もCDを何度も繰り返し聴きながら歌いまくりました。入浴中も毎日アカペラで歌える曲を一通り歌っていました。今でも特に「世界に一つだけの花」はカラオケに行った時は必ず歌っています。

 SMAPは基本的にソロ活動していることの方が多く、各々の場所で活躍していたので仲良しという感じは見受けられませんでしたが、そこがまたスター性を感じます。歌も

聴いているとSMAPの歌声はメンバーそれぞれの個性が出ているような気がする。そこが魅力だと思いました。

それぞれの道を応援したい

 草彅さんは、ジャニーズ事務所にいた時には経験出来なかった今の状況を楽しんでいると言っています。

これまで見えなかったものが見えるようになったのが気持ち良いみたいで、電車通勤も楽しいみたいです。私も通勤時間帯でなければ好きですけど。

 稲垣吾郎さん、草彅さん、香取慎吾さんの3人は事務所を辞めてからブログやインスタグラム、TwitterなどのSNSも始めて、ジャニーズ事務所に所属していた時はやっていなかったことに手を出し始めました。ジャニーズ時代に比べて露出度は減りましたが、写真を見ると楽しそうにしているように見えます。解散騒動の時には信じられなかった感じです。

 一度解散したので、これからは再結成ではなく新しい生き方を選択した3人をもっと見ていきたいと思いました。