本が友達の大人の読書感想文

自分がこれまで読んで気に入った本。漫画、小説、ビジネス書、ジャンル問わず紹介致します!!

【書評】超一流、二流、三流の休み方―――休みを見直せば、人生が変わる!

どうも。takaです。今回ははこちら、「超一流、二流、三流の休み方―――休みを見直せば、人生が変わる!」の感想です。

 

 

本の内容

 超一流と周りから認識されているビジネスマンの休み方を、二流、三流のビジネスマンの良くない休み方と比較して書かれています。

 少なくとも休日だからといって昼まで眠るのはNGのようです。これは返って体に良くない旨が書かれています。

超一流は使うべきものに対する投資を惜しまない

  超一流の人間は、質の良いパフォーマンスを見せるため、体調管理には人一倍気を遣っています。

 医師の診断、人間ドックも1年に一回ではなく何回も受けて病気の早期発見に努めたり、医師の指導のもと、食事制限を設けたり(断食をすることもあるみたいです)、休憩も自分のデスクではなくホテルで部屋を借りて昼寝、コーヒーも自動販売機で百何円で売っている缶コーヒーではなく一杯5000円以上もするコーヒーを飲み、休日はサウナ、入浴、運動施設の整った良い設備がある施設を利用して汗を流します。

 プロ野球で通算400勝を達成した金田正一さんも自分の健康に多くのお金を投資していました。

 車は自分で運転せず、運転手を雇ったり、キャンプでは寝具と多くのミネラルウォーターを持ってきて、食事も旅館の食事には一切手を付けず、市場で購入した新鮮な野菜を使って鍋料理を作って食べていました。これは余程のお金が無い限り無理ですね。

超一流は時間の使い方が上手い

 超一流の人間は、朝早く起きてまだ誰も来ていない時間に出社して仕事をして、定時前にさっさと帰ります。そしてその後はジムで体を動かしたり、上質のビールを飲んだりしています。

 仕事は全部自分で抱え込まず、効率良く他人に振り分け、自分が出来ることに取り組みます。

 運動に関しても、階段を昇ることなどを日常生活に取り入れて、確保しています。

 家の中はトイレとリビングなどを敢えて別々のフロアに設置して必然的に毎日階段を利用せざるを得ない状況まで持っていく人もいます。

 家族サービスも出張先に家族と一緒に行って仕事と同時並行でしています。子供と遊ぶのもしょうがない、一緒に遊んでやるか感覚ではなく自分も子供も満足出来るよう全力で取り組みます。

まとめ

 超一流と言われているビジネスマンは、常にどんなことでも良いと思ったことがあれば自分のものにしようと努め、飲み会でもお店の人に喜ばれるように行動し、新しい人脈を作るべく外出するなど、読んでみて「自分にとってプラスになると思ったら、お金と時間を許す限り使うべき。そしてそのための時間は何としても確保する。そしてその時間は本に書かれている仕事のやり方で作ることが出来る」思いました。

 私自身も休日の自分の行動を振り返ってみる良い機会になりました。そして、出来る所から行動に移していきたいです。

 

【書評】イチローの功と罪

 どうも。takaです。今回は野村克也氏の著書、「イチローの功と罪(宝島社文庫)」の感想です。発売時期はイチロー氏が引退した年です。

 


イチローの功と罪 (宝島社新書)

 

内容

 野手として初めてメジャーリーグに挑戦し、そして1年目から打って走って守ってアメリカのファンを魅了させ、野球をやっている子供達だけでなく、野球をあまり知らない人達の関心もメジャーリーグに向けさせる程の影響力を見せつけたイチロー氏。

 それを野村克也氏が色々な角度から分析して野球界に与えた功績、そして悪い部分が書かれています。

才能、努力は評価するも…

 この本を見て全体的に言うと、ノムさんはイチロー氏の才能、野球に対する取り組み、社会に与えた影響力は認めつつも、プレーを見てその能力を自分の記録のためだけに使っているように見えたこと、そしてマスコミに対する振る舞いも悪く、そういった部分が手放しで称賛出来なかった理由として書いています。

 かなり辛口ですが、辛口だということは、そこを直せば長嶋茂雄氏や王貞治氏をも超える存在となっていた可能性もあり、とても勿体無くて残念だと感じていたのでしょう。

イチロー監督は実現するのか

 「名選手名監督にあらず」というように、スター選手として現役生活を送っていた人が監督になっても良い結果を出せるとは限りません。長嶋茂雄さんは巨人の監督を務めたものの、「監督としては不向き」という評価もありました。
 しかし、それでは長嶋さんが巨人の監督にならなかったらどうだったか?
 もし長嶋さんが監督としての能力に欠けるから等と言って球団が監督をさせなかったり、本人が「監督はやらない」と発言したらファンが納得しないと思います。いくら名選手名監督にあらずと言っても、スター選手が監督になることをファンは望んでいます。
 ノムさんも本書で「イチローや松井が監督をやらないというのは、我々の世代だとONが監督をやらないのと同じ。そんなことは許されないし、何よりファンが納得しない」と書いています。
 監督の仕事は「優勝」、「チーム管理、育成」と管理能力が問われますが、何よりファンを喜ばせることが一番やらなければいけない仕事だと思うのです。ファンがいなければプロスポーツは成り立たない。
 例えば落合博満さんは、現役時代3度も三冠王を獲得し、中日の監督時代は「勝つことが最大のファンサービス」と公言してチームが勝つことにこだわっていました。その結果落合さんが監督を務めている間中日は一度もBクラスに落ちず、日本一も達成しました。しかしながらナゴヤドームの観客動員数の伸びは良くありませんでした。しかも情報を漏らしたくなかったとはいえ現役時代から記者の取材にもあまり応じず、ファンを蔑ろにしている部分もありました。

 ファンは記者を通じて監督、選手がどのように考えて采配、プレーをしているのか知りたがっています。それなのに取材に応じないのはファンを無視しているのと同じです。だからなのだろうか、記録に値した人気を得ているとは言えません。確かに勝たなければファンはついてこないとは思うのですが、ただ勝つだけ、記録を残すだけではファンを喜ばせることは出来ないのです。
 プロ野球は人気商売なので勝つことに加えて、ファンの要望に最大限に応える必要があります。
 なのでイチロー氏は自分が子供の頃野球をやっている人の多くが憧れの選手として名を挙げているほど人気であり、大きな影響力を与えてくれたので、引退記者会見では「人望が無いから無理」とは言っていましたが監督として野球界に出てほしいと思っています。

【書評】松井秀喜物語

 


松井秀喜物語―少年時代から今日までの、すべてを明かす (学研のノンフィクション)

 今回は、「松井秀喜物語ー少年時代から今日までの、すべてを明かす」を読んだ感想について話していきたいと思います。

本の内容

 読売ジャイアンツ、ニューヨーク・ヤンキースの4番で活躍した松井秀喜氏の生い立ちについて書かれています。時期的には1998年くらいです。

 当時コロコロコミックで連載されていた「ゴーゴーゴジラッ!!マツイくん」を読んでいたこともあって、その影響でプロ野球に興味を持ち始めた頃に読みました。本の表面を見て、マツイくんの主人公であるマツイとは大分違う感じだなーと思いました。当時、現実とフィクションの区別が出来ていなかったのもので。

最初は右打ちだった

 松井氏は、幼少期から食欲旺盛で、体も大きかったそうです。

 野球は兄の影響でするようになり、兄と同い年の人達よりも遠くに飛ばしていました。野球を始めた頃は右打ちだったのですが、ある日、自分達よりも遠くに飛ばすのが面白くなかったのか、兄に左で打ってみるように言われ、憧れの選手である掛布雅之氏も左だから良いと思い、左で打つ練習を始め、最初はなかなかバットにボールが当たらない状況だったのですが、当たるようになると、打球はグンと遠くに飛んでいきました。右打ちのままだったらどうなっていたんでしょうね。

 私もイチロー氏や松井氏に憧れて左で打ち始めたのですが、ふざけてるのかと呆れられました。

松井秀喜氏の人格は中学時代に生成された

 松井氏は、中学は根上中学に進学したのですが、その時にコーチを務めた人がこれまでで一番厳しい指導者であったと語っています。練習はいつも厳しく、さすがに松井氏もキツかったそうです。しかし、その厳しい指導のお陰で体の基礎が作られ、より強い打球を打てるようになったと語っています。

 そして、私は、この時に松井氏の人生を大きく変えたと思っています。

 すでに松井氏が強打者として有名になっている中、ある試合で、相手投手が松井氏との勝負を避け、敬遠しました。

 これに松井氏は腹を立て、バットを投げて相手投手を睨みつけました。しかし、試合後にコーチに自分の大事な野球道具を粗末に扱ったこと、敬遠はルールで許されているにも関わらず相手投手を睨みつけたことに対して厳しく叱責を受けました。この経験があったから、甲子園で五打席連続敬遠を受けても怒りの感情を出さなかったのだと思います。

 何が悪いのか、しっかり理由を付けて諭す良い指導者に出会えたんだなと思いました。

巨人に入団してからの経験

 当時監督だった長嶋茂雄氏が当たりくじを引いたことで巨人に入団し、高津投手から打ったプロ初ホームランを打った時の感想、94年に10.8決戦、西武日本一になった時のこと、96年のオリックスとの日本シリーズ負けた時の感想、ファンに対する感謝、膝の故障について書かれていますが、来てくれたファン全員にサインをするサービス精神、そして怪我と闘う松井氏の心の強さに驚きました。

 あと、意外に遅刻癖もあるなど面白いエピソードもあって松井氏もそういった部分があるんだなと思いました。

感想

 この本を読んで、松井氏がなぜファンだけでなく、野球界全体に支持されるのかが分かったと思います。そして、この本を読むことで、引退後にヤンキースタジアムで引退セレモニーまで催された理由が分かると思います。

 この本は子供向けなので子供のプロ野球ファン、特に松井氏のことを知りたい子供にお勧めです。

【書評】斉木楠雄のΨ難

 どうも。takaです。今回は、2018年までジャンプで連載されていた「斉木楠雄のΨ難」について書いていこうと思います。

ストーリー

 主人公の斉木楠雄は、生まれつき、「念力」、「瞬間移動」、「テレキネシス」、「テレパシー」等が使える超能力者で、これまでその超能力の影響で、他人と関わることを避けてきたのですが、高校二年生になって、バカで思考が全く読めない燃堂、自らを「漆黒の翼」と称して悪の秘密結社「ダークリユニオン」と戦っているという設定を作っている中二病患者の海藤、学級委員長で、他人にも厳しく、自分にはもっと厳しく律し、松岡修造みたいな熱血ぶりを見せているも、燃堂の学力や海藤の体力等どうにもならないことに関してはあっさり諦める灰呂とといった個性的な人達と知り合うことで、他人と関わることが多くなり、その影響で色々な災難に巻き込まれるといった物語です。

 この作品は、超能力をバトルではなくギャグとして使っています。ギャグも斉木が心の中でツッコミを入れるといったもので、この形式が面白く感じてハマりました。

 斉木以外のキャラがツッコミをするときは言葉に出ているのですが、主に斉木のツッコミが多くを占めているので、心の中のツッコミが当たり前で、口に出るツッコミの方がむしろ違和感を感じます。

超能力は使えるようになるのは嬉しいことなのか

 斉木は、自分を「生まれつき全てを奪われた人間」であると自虐しています。というのも、何の努力もしないで目的を達成出来たりするので、努力して物事を成し遂げるといったことが出来なくなったからです。

 他にもテレパシーで他人の心が読めるので、表面では愛想が良い人でも、内心は腹黒いといったこと等も知りたくなくても知ってしまう。そのようなことが頭の中に多く出てくるからうんざりしています。

 現実でも主に大人は内心嫌ってはいるけど、本人の前ではそんな素振りを見せずに対応する人はゴロゴロいます。これは本音を知らないからであって、もし自分のことを嫌っているという本音を知ったら、関わるのを止めますね。

 それに対して、斉木の噂を聞いて超能力を身に付けたいから弟子にしてくれと斉木にせがんできた霊能力者である鳥束は、超能力を修得して、「予知夢を使って宝くじで1等を当てる」など、やましいことに使うと堂々と言います。斉木はそんな鳥束をクズだと思うのですが、これは超能力が使えない人の気持ちを代弁していると思いました。

 超能力が使える斉木は超能力が使えることをマイナスに捉えていますが、超能力が使えない人にとっては超能力は夢のようなものだと思います。超能力が使えなければ、目的を果たすために努力が必要で、しかも努力に即効性は無いので我慢しなければならない。しかもそれが報われるとも限らない。特にやりたくないけどやらなければならないこと、いわば仕事をしている時は、「こんな苦労したくないからとっとと終わらせたい」と思うのではないかと思います。だから普通の人は超能力は夢のツールだと思うのではないかと思います。

 このシーンが、超能力が使えるのが良いのかどうか、考えた所です。私の結論だと、他人に嫌われることを何とも思わない、恋愛もしなくていい、普通の人間の生き方を捨てるのであれば問題無いと思います。私は骸骨部分が見えるのは嫌なので超能力者は遠慮します。欲を言えば瞬間移動だけ使えるようになりたいです。そうすれば出社時間ギリギリまでのんびり出来るし、満員電車に乗らなくて済むので。

 

 

www.kamikouchi.biz