本が友達の大人の読書感想文

自分がこれまで読んで気に入った本。漫画、小説、ビジネス書、ジャンル問わず紹介致します!!また、観た映画や子供の頃やっていたゲーム等についての感想も書きます。

茂木健一郎氏が語る「本を読むことで脳力アップ」

 こんばんは。今日は雨が降ると思っていたのですが、晴れましたね。ただ、風が強かったですけど。春が来たって感じですね・・・。

 
頭は「本の読み方」で磨かれる: 見えてくるものが変わる70冊 (単行本)

本の内容

  この本の中には、本を読むことで脳にどのような良い影響を与えるのか、そして本を読めば読むほど読んだ本が脳に蓄積されていき、教養もそれに伴って磨かれていきます。ポケモンに例えるとバトルすると経験値が上がり、レベルアップする。そして一定のレベルまで来ると進化するポケモンがいるのと似たような感覚です。なので私は自分をポケモンと思い込み、読む本を闘う相手と置き換えて読みます。ゲームが好きな人特にポケモンが好きな人はそんな感覚で読むと面白いかもしれません。

読書の効果

  他にも、読書とはその本を書いた人との対話、すなわちコミュニケーションであるので対話力も磨かれます。それに加えて言葉力も上がります。

 総じて読書というのはいわば頭を鍛えるトレーニングなのです。スポーツ選手がトレーニングで体を鍛えているみたいに。活字で書かれている文章は、絵が描かれている漫画よりも読者に伝えられる情報が少ない。なので読むことは決して楽なことではなく、むしろキツイ方です。そして本が難しければ難しいほど頭が鍛えられるとのことです。

 一回で理解出来なくて苦痛だと感じてもそれは恥じることではありません。昔は「読書百遍」といって同じ本を何度も繰り返し読むという風潮があったみたいです。そこで得ることが出来る力なのが慣れの力。良いと思ったり、読み終わってもスッキリしなければ何度も読み返して理解する。そして次第に慣れていき、理解出来るようになれば、そこには喜びが出てきます。そしてその本を書いた人の別の作品を読んでみたい、著者のことをもっと知りたい意欲が出て良い方向に向かいます。もしどうしても理解出来ないのであれば詳しい人、すなわちオタクな人に聞いて教えてもらうのが良いです。読んだ本について話し合うことも情報が増えて理解力が出てきますので良いですね。友人と漫画やアニメ、ゲームの話をすると楽しいのと同じです。

良い本がどういったものなのかが分かる

 この本の著者である脳科学者の茂木健一郎氏は、高校生時代は早い時間に登校して読書に明け暮れていたそうです。その時、海外の作品の原文、すなわち英語で書かれている洋書を読んでいたと言っております。洋書だけでなく、日本語力を維持するために夏目漱石の作品、そして「枕草子」などの古典も読んでいました。茂木健一郎氏はこの本の中で、時間を経て「古典」と呼ばれるようになった本は、文章表現の中でも最高峰だと言っています。これらの作品は、作者の死後も翻訳版等が本屋に出ているのでいかに優れた作品であるかがそれで分かります。

 この本には茂木健一郎氏がこれまで読んで特にお気に入りのお勧め本が多く書かれています。そして、これまでの人生で膨大な数の本を読んできた茂木健一郎氏だからこそ「面白そう。ぜひ読んでみたい」とこの本を読んだ人に思わせる力があると思います。

 私も「この本を読みたい!!」と思った作品が多く出てきて、購入しました。

本を買うなら自分の足で見て回るのが良い

 

 そして、本を買うのであれば本屋で購入する方が良いです。本屋には流行りの本や売れている本が並んでいますし、うろついている時に偶然「これ、面白そうだからよんでみよう」と思って購入して読んだらハマるなんてこともありますので。

 

 今回のお話は以上です。明日も更新致しますのでどうぞご閲覧お願い致します。

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

野村克也氏が語る、阪神の球団の体質

 こんばんは。takaです。今日は日中帯結構暖かくて心地よかったです。太陽がまぶしくて顔を上に上げられませんでしたけど。

寒くも無く、暑くもない。そんな温度が一番過ごしやすくて良いです。


阪神タイガース暗黒時代再び (宝島社新書) [ 野村克也 ]

本の内容

 ヤクルトの監督を経験して、自信を持って阪神の監督を引き受けた野村克也氏が、監督を務めた1999年から2001年までの間で阪神について思ったこと、評論家としてネット裏から見たこと、南海在籍時代の阪神の様子等も踏まえて書かれています。販売されたのは2012年くらいなので今から7年くらい前ですね。

阪神はOB重視

 巨人の監督と同じように、阪神の監督は、ほとんどOBが務めています。

 しかし、外様への風当たりが強く、以前、阪急、近鉄で監督を務めていた西本幸雄氏を監督に招聘しようとしたのですが、西本氏が監督になればコーチ陣なども一新されてしまうので自分達や後輩がコーチになることも絶たれるのではないか恐れたのかOBが猛反対して、それを知った西本氏は監督を辞退したそうです。

監督がコロコロ変わる

 

 巨人では、川上哲治氏が14年監督を務めたように、長期で監督を務めていた時期があります。

 しかし、阪神ではそれが無く、長くて5年で監督が代わっています。去年まで監督を務めていた金本知憲氏も、長期でチームを立て直すことを期待されていましたが、成績が芳しくなく、その影響でマスコミが騒がしくなり過ぎて最終的に3年で辞任に追い込まれています。ノムさんも一番の原因はまだ一軍で活躍していない選手を記事のトップに載せること等をしているトラ番記者だと解釈しています。

 なので阪神には土台となるものが無く、監督を代えればチームが強くなると錯覚していると言っています。中日でも落合博満氏が監督になることで6勤1休のキャンプ等、前に比べて練習量が増え、それが強さに繋がりました。

星野仙一氏が監督になって

 ノムさんの後を受けて、2002年から星野仙一氏が監督になりました。星野氏は1年目を4位で終えると、大々的に選手を入れ替え、広島から金本知憲選手と、メジャーリーグから伊良部秀輝氏等を獲得し、戦力を充実させました。その結果、2年目は圧倒的な強さでリーグ優勝まで行きました。

 他にも、怖さで有名な星野氏が監督になったことで、チーム内に緊張感が生まれ、意識改革に成功しました。星野氏が監督を務めたことで、チームはプラスな方向へ向きました。

阪神が強くなるには

 しかし、星野氏は健康上の理由で2年で辞任し、それ以降は岡田彰布氏等、再びOBが監督を務めますが、徐々に成績が落ちていき、低迷するようになっていきます。

 阪神が強くなるためには、勝てないからといってすぐに監督を代えず、フロントが「この人に全てを任せる」と監督に全幅の信頼を置き、低迷しても最初は我慢して、記者も膨張な記事を書かないことで選手が驕らないようにするなど、監督以外の意識も変えないと強くならないと言っています。

 この本を読んだことで、阪神という球団はどういった感じなのかが分かりました。

 

 

 今回のお話は以上です。もしよろしければ他の記事もご閲覧お願い致します。

 最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。

 

 

 

アスペルガー症候群の特徴

 こんばんは。takaです。日曜日は出かける用事とか特に無い場合は夜ではなくて日中帯にしようと思います。夜だと風呂や晩御飯やら他のことがあるから更新するの結構遅くなるし、明日の準備をしないといけないので。明日仕事あるし・・。寝る時間少なくなって月曜日を迎えるのはさすがにキツイし・・。


アスペルガー症候群

本の内容

 この本では、発達障害の一つとして分類されている「アスペルガー症候群」について、アスペルガー症候群の特徴等の説明、その人達とどう接すれば良いのか、どう長所を生かしていけば良いのか、学校や会社といった組織はどう対応していけば良いのかが書かれています。

この本を手に取ったきっかけ

 この本を読もうと思った理由は、私も「アスペルガー症候群」だと以前言われたからです。

 以前、「ザ!世界仰天ニュース」を観た時、アスペルガー症候群の人について取り上げていたのを見て、私と特徴が似ていると他の人から言われました。確かに、番組を見ていると、その人は、手先が不器用だったり、孤立しがちだったり、周りからは「変わり者」だと言われることが多かったりで、自分の過去とどこかしら似ていると思いました。

 私は小さい頃から周りがサッカー等で遊んでいる中、一人砂場で遊んでいる等、一人遊びが好きで、特に空に字を書くのが好きで、よくどこでもお構いなしでやっていました。その行為が変であるなんて全く思わず。小学生の頃はこのことについて何も言われなかったのですが、中学に上がってからは、教師や新しく知り合った同い年の生徒から変だと罵られ、障害者呼ばわりされる等、いじめを受けるようになりました。家庭訪問でも担任の教師が自分の親に「お宅のお子さんは何であんなに変なのか」と言ったらしいです。職員室でも噂になっていたり、自分の知らない所でも話題になっていました。

 それで、自分は本当にアスペルガー症候群であるのか気になって、詳しく調べてもらうべく親に付き添ってもらって病院に行き、その結果、アスペルガー症候群だと診断されました。

大人になってから浮き彫りになるコミュニケーション能力の低さ

 発達障害には、大人になってから分かるというケースも珍しくありません。私も大人になってから分かったので。

 それは、学生の頃は他の人とコミュニケーションを取らなくても特に大きな問題は無いのですが、大人になって社会に出ると、コミュニケーションを取らなくてはいけない機会が増え、そこでコミュニケーションに問題があることが分かるからです。現に私は高校入学以降は他人と全然絡まず、アルバイトでもお客の前で会話することも無かったので、特にコミュニケーションで困ることは無かったのですが、会社で働くようになってからは「人と目を向けて会話が出来ない」等を指摘され、困りました。出勤時の挨拶は普通に出来るのですが、定時が過ぎて帰る時は自分の業務が一段落したのでそろそろ帰ろうと思っていても帰って良いと言われないと帰って良いのか分からず、緊張して「お先に失礼します」が上手く言えないです。

アスペルガー症候群の長所

 上記を見ると、アスペルガー症候群には損な所ばかりではないかと思うかもしれませんが、長所も存在します。

 それは、興味を持ったものに関しては、時間を忘れるくらい没頭出来る所です。電話を開発したグラハム・ベルや、発明の天才と言われたエジソン、相対性理論を表したアインシュタイン、現在ではイチロー選手も、アスペルガー症候群だったのではないかという説もあります。

 私は小さい頃は鉄塔が好きで鉄塔を見て回ったり、その後は電車に夢中になって電車によく乗ったり、時に学校を休んでゲームに夢中になったりでした。電車に乗る際は、「各駅停車に乗るのは嫌だ」と駄々をこねていたので、これはこだわりが強い分類に入るんでしょうかね?

 今では空に文字を書く行動は職場ではしていませんが、会議中に脳内で空想の世界に浸ったりして、こんな物語作りたいな、とか考えて、会話を全く聞いていないです。

問題無く生きるには周りの理解も必要

 発達障害の人が特に周りとの軋轢を生むことが無く、仕事等をしていくためには、周りが発達障害の特徴等を理解し、それをサポートする環境が必要なのだと思います。発達障害というのは外から見ると特に何の問題も無い普通の人だと思ってしまうため、他の人が普通に出来ることが出来ないと叱責して後になって問題になります。

 そして、特徴を理解し、彼らが最大限に力を発揮できるような環境を整えることが出来れば、会社にとってもプラスになるし、発達障害の人もストレスを溜めることなく働くことが出来るので、良いことづくしになると思います。

 

 今回のお話は以上です。もしよろしければ他の記事もご閲覧お願い致します。

 最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。

 

 

 

 

 

立ち読みサイトを使った漫画の選び方

 こんばんは。takaです。今日はセゾンカード5%割引の日だったので西友で次の5%割引の日までは持つであろう量のチョコレートやらチーズやらヨーグルトを買いました。あと、いつも職場に持っていく緑茶を、上質のものにしようと、1000円以上のお茶っ葉を買いました。結構しました・・。先月は新しいスーツとかも買ったから先月より使用を控えようと思っていたのですが、お金なかなか貯まらないです。もういっそのことお金があったって物が無ければ意味が無いと吹っ切れようかな。

 

漫画が好き

 子供の頃からなのですが、私は漫画を読むのが好きです。今では休日のほとんどを漫画を読んで過ごしています。小学生の頃は「コロコロコミック」を読んでいて、その中でも「マツイくん」、「ドラベース」やひかわ先生版の「星のカービィ」を読んでいました。他にも「花さか天使テンテンくん」だったり、いとこが「ONE PIECE」を持っていたので遊びに行った際に読んでいました。この漫画は、クロコダイルやエネルといった敵として出て来たキャラクターの方が麦わらの一味より魅力的ですね。

 高校生の頃は「テニスの王子様」に夢中になってブックオフや古本市場、TSUTAYAをうろついて全巻買い集めて何度も読み、大人になってからは、手を出すジャンルが増え、少女漫画にも手を出すようになりました。

出費が激しくなった

 自分がまだ自分でお金を稼ぐようになるまでは、持っているお金も微々たるものだったので、欲しいと思ってもなかなか手に入れることが出来ず、買った漫画を何度も読むというスタンスだったのですが、大人になって働くようになってからは使えるお金が増えてきたのもあって財布の紐が緩み、興味を持った漫画を次々に買って読んでいくスタンスに変わったので漫画を買うのに多くのお金を使うようになりました。他にも小説等も買うので月の出費は5万を超えています・・。しかも、本棚に収まらなくなりました。

 

 

吟味として立ち読みサイトを使用

 ある日、漫画のタイトルをググってみたら、立ち読みサイトがあり、少しではありますが、内容を見ることが出来るということを知りました。なので、本屋に行って興味を持った作品を見たらまずは立ち読みサイトを見て、気に入ったらカゴに入れています。

 これをやってみると、むやみやたらに買うことが少し減りました。基本的には気に入ったものは全部購入したいのですが、お金とスペースが持たなくなるので仕方が無いですね。

立ち読みサイトは信用を得るためには必要

 

  無料立ち読みサイトがあると売れなくなるという見方がありますが、信用を得るためには良いツールだと思います。誰かから良い評価をもらうことが出来れば、それだけで「この作品は面白そう」と興味を持ってアクセスしてくれるユーザーが多く出てきますし、その分購入する人も増えると思うので。

 

 今回のお話は以上です。もしよろしければ他の記事もご閲覧お願い致します。

 最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。