本が友達の大人の読書感想文

自分がこれまで読んで気に入った本。漫画、小説、ビジネス書、ジャンル問わず紹介致します!!また、観た映画や子供の頃やっていたゲーム等についての感想も書きます。

世界の名著が分かりやすく書かれている本


読破できない難解な本がわかる本

本の内容

 河合塾等、大手予備校で日本史、倫理、現代社会等の講師を務めている富増彰成氏が、世界の名著60冊について、読んでも分からない人に向けて、イラスト等も踏まえて内容を分かりやすく伝えています。

古典は一流と呼ばれている人々に親しまれている

 例として、ジャーナリストの池上彰氏や、小説家の村上春樹氏や、脳科学者の茂木健一郎氏等は、古典を読んでいました。茂木健一郎氏は著書で夏目漱石の「枕草子」「坊ちゃん」「吾輩は猫である」等を好んで読んでいたそうです。元プロ野球選手の野村克也氏も引退後は古典を読み漁ったそうです。松井秀喜氏は、宮本武蔵の「五輪書」が愛読物だそうです。

 大抵、時が過ぎてしまえば、人も物も世間から存在を忘れられてしまいますが、名作と呼ばれた古典は、何百年経った今でも埋もれることなく本屋に並んでいます。

 これは、何百年経った今の時代でも、その時代の考え、倫理観を大事にする必要がある内容が書かれているためです。

 

古典は理解するのが難しい

 私もそのことを知って早速本屋で古典を買って読んでみたのですが、字が読みづらい上に進まず、その上内容が頭に入って来ませんでした。古文も高校時代全然分からなかったので何が書かれているのか分からず。

 もちろん、どのようなことを伝えようとしているか等全く分かりません。

 しかし、古典を理解出来るのと出来ないのでは、今後の人生に大きく関わるのではないかと思い、何とか理解出来るようにならないか考えていました。

文末を見て、メモを取ることがお勧め

 

 そんな状況の中でこの本を本屋で見かけて購入し、読んでみました。

 すると、各作品が伝えようとしている内容が分かりやすく、その時代の背景も書かれているので、理解の助けになりました。

 各作品の説明の最後には「人生で役に立つこと」としてどのように考え、行動することが自分の人生にプラスになるのか書かれているので、この部分だけでもメモを取ると良いと思います。

 他にも、自分の知らない作品等も新しく見つけて、そして興味を持つことも出来たので読んで良かったです。これを読めば作品を読む前に予習出来ます。

 この本は古典を読んでみたいけど、どれが良いか迷っている人にもお勧めです。

 

 今回のお話は以上です。もしよろしければ他の記事もご閲覧お願い致します。

 最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。

 

 

金川顕教氏の「怒らない人の頭の中」を読んだ感想


怒らない人の頭の中

本の内容

 サラリーマン勤務を経て経営コンサルタントとして独立し、現在様々なビジネスに手を出している金川顕教氏が、年収1億円を稼ぐ人は大体の人が怒りを覚えるであろう状況に対し、怒らずどのように受け止めているのか、怒らないようにするための日常を年収300万円の人と1000万円の人と比較しながら書かれています。

怒りは自分にも相手にも嫌な気持ちをさせる

 怒りというのは、人を嫌な気持ちにさせます。

 私は学生時代、飲食店でアルバイトをしていたのですが、なかなか上手く出来ず、毎日のように怒られてばかりで、しかも、自分のダメさをTwitterに投稿までされました。

 自分の実力が無いことは認めますが、それをわざわざSNSでさらけ出すまでするか?と怒りが込み上げてきました。仕事自体は特につまらなさや不満も無くやっていたのですが、怒られるのが嫌になってアルバイトに行くのが億劫になりました。

 お客も混んでいるんだから多少遅くても仕方ないかという度量があってほしいなと思いました。

1億円稼ぐ人は、心に余裕がある

 年収1億円を稼ぐ人が他人や周りに対して怒らない理由は、常日頃から心に余裕を持っているからです。周りが失敗したり、タクシーに乗っても運転手に道が分からないと言われても、店の中がすごく混雑していて長時間待たされたり、トラブルが起きても、周りを一切責めず、「どんなに準備をしようとも思い通りにいかないのは当たり前」「Googleマップで自分が道を教える」「それなら他に楽しいことをやって自分の番が来るまで時間を潰そう」と受け止めます。

 たとえ怒ったとしても、相手も好き好んで迷惑を掛けている訳でも無く、状況が変わる訳でも無いから怒りが収まることもなく、相手を傷つけるだけで何の意味も無いと思っているからです。それよりもこの状況をネタにして楽しむという感覚を優先させて行動します。

 心の度量が違いますね。

心の度量が大きいから、年収1億円稼ぐことが出来るようになる

 年収1億円を稼ぐ人は、稼ぐようになったから怒らなくなったのではありません。

 元々怒らない振る舞いをしていたのです。

 怒っても敵を作るだけだというのを理解していて、それよりもお互いに協力し合うことが出来る関係を作った方が良い方向につながると思っているのです。

 それを実践していった結果、年収1億円を稼ぐことが出来るようになったのです。

 また、プライベートでも怒りません。むしろ、プライベートの振る舞いの方がビジネスでの振る舞いより人間性が問われるので、プライベートの方で怒る方が良くありません。プライベートではつい気が緩みがちになり、素の自分が出やすくなります。そうならないためにも、本音で怒らないような思考をしているのです。

 

 

 

みんなが怒らなければ、幸せな世界になる

 この本を読んで全体的に思ったことは、全人類が怒らなければ、幸せな世界になるのではないかと思います。怒りは物事を全然良い方向に運んでくれず、むしろ後悔しかもたらしてくれません。友達や部下相手だったら怒っても問題無いと思って怒った場合、聞き入れることはあっても、確実に信用を失います。この世で起きている嫌な事件等も、怒りや不満がもたらしているものだと思います。

 天下統一し、江戸幕府を開いた徳川家康の遺訓として、「怒りは敵と思え」とあり、数学者であったピタゴラスの名言の中にも、「自らを制し得ないものは自由たりえず、怒りは無謀をもって始まり、後悔をもって終わる」とあります。

 それに対して織田信長は、「泣かぬなら 殺してしまえ ホトトギス」だったから部下に裏切られたのではないかと思います。

 なので、これからは人を批判せず受け入れ、電車が遅れて時間を奪われたり、スマートフォンで文字打ちを間違えたとしても、苛立たず、「まあ、電車は遅れるのは珍しくない」等と捉えて、電車が動くまで時間を潰せるものを見つけたりして過ごそうと思います。そうすれば、人が集まるようになり、友達とか出来るかな?

 

 今回の記事は以上になります。最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。

 

 

ルネ・デカルトが著した古典「方法序説」を読んだ感想

本の内容

 この本は、フランスの哲学者、ルネ・デカルト氏が生きている間に著した学問、思想の根本に関することが載っている哲学書です。

 
方法序説 (岩波文庫)

本から感じ出るすごいパワー

 この本を買った時、名前からすごいパワーが秘められている感じがしました。これを読んで理解出来れば自分は今以上に視野が広まり、地頭が良くなって優秀な頭脳が手に入ると思いました。

 ただ、実際読んでみると内容が理解出来ませんでした。最近になって入浴時に読める薄めの本は無いかと探していたらこの本が目に入ったのでまた手に取って読みました。

本を読んで理解出来なくても気にしない

 

 私はこの本をなかなか理解出来ませんでした。「本は読んだら理解出来ないと意味が無い」と思っていたので、「自分は頭が悪い」と落ち込むこともありました。しかし、生きていくうちに、理解しにくいものに触れないと伸びないという言葉等に触れ、そのうちに落ち込む必要は無いのだと思いました。

 「本を読んだら理解しないといけない」ということも、子供の活字離れの要因なのではないかと思います。理解出来ないからといって誰かに怒られたり、法律に触れるという訳でもないのだから、周りも理解しろと言わずに触れるだけ触れるように言った方が良い。理解しろというのは相手に大きなプレッシャーを与えて、ストレスになります。

 そうなると本を読むのが苦痛になってしまいます。本来、本を読むというのは義務ではなく、趣味なので、読むも読まぬも個人の自由。ただ、読むのであれば苦痛を感じないように読むものです。

 周りに格好良く見られたいためだけに難しい本を通勤電車の中で開いても良いのです。

 とにかく苦しまなくて良い。これだけで気持ちを楽にして活字に触れることが出来ます。

考えることは生涯を通してやるべき

 最後に、この本を読んでみて思ったことは、著者も常識を疑っていたのかということです。常識を疑うことは様々な分野で結果を出した人がよく行っていることです。常識でも常識だからとただ漠然と従うのではなく、なぜなのかを考える。自分の周りの環境、例えば電気やガスなどがなぜ普通に使えるのか、考える。例えばプロ野球界の大御所の野村克也氏は、2ストライクノーボールのカウントで、常識だからといって1球ボール球を投げる行為に苦言を呈しています。ただ漠然と投げるだけでは無駄だからです。

 正解、不正解ではなく、考えること自体が大事なのだと思いました。

 人間はなぜ生き、なぜ死ぬのか。死んだらどうなるのだろうか?

 他人は一体何者なのだろうか?

 私も寝ている時に死んだ後どうなるのか、輪廻転生するとしたら、永遠に人生繰り返すのだろうか?そうだとしたらキリが無くて怖いと頭に思い浮かぶことがあります。

 自分はなぜ生まれたのか、なぜ体を動かせることが出来るのか、なぜ自我を持っているのか、生まれる前は何をしていたのか、死んだらどうなるのか、本当に死後の世界はあるのだろうか?いや、無いと困る。永遠に動けないなんていうのは退屈そうだから絶対に嫌だ。なんていうことを考えます。あまりに怖くなって叫んで起きる時もあります。

 そして考えるということは人生が終わるまで辞めてはいけないと思います。

 それは、自分がこの世の全てが分かることなんて永遠に訪れないと思うためです。この世は猛烈な速さで絶えず変化していっており、アプリに例えるとアップデートされて新しくなっていっています。だから知らないことは減らないままです。新しいものはすぐに古くなります。

 ゲーム機もゲームボーイ、スーパーファミコンが最高のシステムだと思っていたのが64、ゲームキューブ、プレステ、ニンテンドー3DS等、どんどん新しいものが出てきてその度に心が奪われていきました。

 だから常に新しいものを知ろうとする好奇心を持つこと、決して驕らないこと。このことを学びました。

これから難しくて読みにくいなと感じても良書と言われた本を読んでみること、一人で行動することが多くても引きこもらず何かしらの形で人と関わることは積極的にしていこうと思います。

 この本は読んだことで本当に自分にとって良い効果が出たと感じています。

 

 今回のお話は以上です。次回もよろしくお願い致します。

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

科学は考える力を養ってくれる

科学とは何か?

 科学とは、

学問的知識。学。個別の専門分野から成る学問の総称。「分科の学」ないしは「百科の学術」に由来する。
自然や社会など世界の特定領域に関する法則的認識を目指す合理的知識の体系または探究の営み。実験や観察に基づく経験的実証性と論理的推論に基づく体系的整合性をその特徴とする。研究の対象と方法の違いに応じて自然科学・社会科学・人文科学などに分類される。狭義には自然科学を指す。<大辞林第3版より>

 すなわち、この世界で起こっている自然現象等の原因は何なのか、大多数の人が謎だと思っていることについてを追求し、原因の解明に努めることを言います。

日常生活のあらゆる部分に科学は存在している


大図解 (キッズペディア こども大百科)

 この本には、自分達の日常生活で当たり前のように存在しているものや、メディアでも有名な物事についての仕組みが書かれています。

 例えば、通勤・通学の際に使用しているPASMOやSuicaをタッチしてゲートが開く自動改札機、洗濯機、消火器、暑い時に使用するクーラー、ボウリング場、新幹線、回転寿司屋、リニアモーターカー、宇宙ステーション等について、精密なイラストを用いて分かりやすい解説で書かれているので、仕組みが丸見えに見えますし、理解もしやすいようになっています。

疑問を持つことで「考える力」が上がっていく。

  科学は、常に「なぜそうなるのか?」を求めるので、疑問が常に浮かび上がり、それを解明することで今ある技術を応用して新しい物を作ることが出来るなどが出来ます。

  この本は、自分の身の回りについての現象について書かれているので、色々自分の周りについて調べるにも使えますし、あらゆる物事について常に疑問を持って向き合うことが出来るようになると思います。子供にとって知的好奇心をくすぐられる良い本だと思います。

 白熱電球等、多くの発明品をこの世に出したトーマス・エジソン氏も子供の頃から常に周りにあるものに対して「それはなぜこうなるのか?」と疑問を持ち、人に聞いたり自分で図書館に行って調べたりしていたそうです。

 探求心を持つことは、これから生きていくにおいて勉強だったり、遊びだったり、色々な面で非常に役立つのでお勧めです。

 私は大人になってから読んでみましたが、大人が読んでも面白い。科学について今後も知っていきたいと思いました。